「オ!サムグァンビラ」ドンハ、宇宙少女 ボナに怒り?“スキンシップは止めて”

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「オ!サムグァンビラ」放送画面キャプチャー
ドンハが宇宙少女のボナに惚れて、複雑なロマンスを予告した。

1月10日に韓国で放送されたKBS 2TV週末ドラマ「オ!サムグァンビラ」第34話で、チャン・ジュナ(ドンハ)はイ・ヘドゥン(宇宙少女 ボナ)にときめきを感じた。

チャン・ジュナは1人で始めたアパレル事業にイ・ヘドゥンを抜擢した。イ・ヘドゥンのスタイリングセンスを認めたためだ。イ・ヘドゥンは「私のスタイリングが気に入ったと連絡を受けた」と仕事まで獲得してきて、チャン・ジュナは「他のところからスカウトの提案を受けたら、僕を捨てもおかしくないのに」と感激した。

これに対して、イ・ヘドゥンは「私を信じて就職させてくれた義理がある。私は義理堅い」と笑顔で話した。チャン・ジュナはイ・ヘドゥンの笑顔にときめき、「自分とは複雑な関係なのに、どうしていつもキレイなんだ。イライラする。母の実の娘の妹だと?」と葛藤した。

続いてイ・ヘドゥンが契約を獲得した会社がLXファッションであることを知ったチャン・ジュナは、母親のキム・ジョンウォン(ファン・シネ)の会社であるため「自分にはできない」と豹変し、イ・ヘドゥンと揉めた。チャン・ジュナは自身がキム・ジョンウォンの養子であることをイ・ヘドゥンに隠している。

イ・ヘドゥンは「私もキム・ジョンウォン代表は好きじゃない。でも私たちが代表に会うことはないはず。どうして男は二枚舌を使うのか」とチャン・ジュナともめながらスキンシップをした。チャン・ジュナはときめきを抑えるために「スキンシップは止めてほしい」と腹を立てた。

チャン・ジュナとイ・ヘドゥンが複雑な関係の中でも好感を育て、この日の放送の終盤でチャン・ジュナの実妹チャン・ソア(ハン・ボルム)は思いを寄せているウ・ジェヒ(イ・ジャンウ)とイ・ヘドゥンの姉イ・ビッチェウン(チン・ギジュ)の結婚を邪魔することを予告し、より一層複雑な展開が繰り広げられた。

記者 : ユ・ギョンサン