カン・ウンビ、学生時代のいじめ被害をSNSで告白「今もその時、その日が怖い」

MYDAILY |

写真=カン・ウンビ Instagram
YouTuberとしても活動している女優のカン・ウンビが、自身の学生時代を公開した。

カン・ウンビは本日(11日)、自身のInstagramを通じて「1999年のウンビ、淑明(スンミョン)女子中学校時代のカン・ウンビ。中学校時代が恋しくないよ、耳から3センチだった髪の長さも大嫌いで、毎日私をいじめた子たちも嫌だった。今もその時、その日が怖いよ。だけど今は乗り越えた。誰よりも幸せに生きればいいんだよ」と書き込み、写真を掲載した。

これと共に公開された写真には、中学校時代の爽やかだったカン・ウンビの姿が盛り込まれている。しかし、過去のいじめ被害を告白し、人々を心配させた。

2005年に映画「高校教師 恋の教育実習」でデビューしたカン・ウンビは現在、Afreeca TVのBJ(Broadcasting Jockey:放送司会者)として活動している。

・“パニック障害を告白”カン・ウンビ、SNSで近況を公開「私は大丈夫…もっと良い明日が来ますように」

・カン・ウンビ、SNSでパニック障害を告白…高級車を購入も「私は運転できない」

記者 : ミョン・ヒスク