「ハッシュ」ソン・ビョンホ、国民からの非難が殺到…冷静な対応の理由は?

Newsen |

写真=JTBC「ハッシュ」キャプチャー
「ハッシュ」のファン・ジョンミンが、ソン・ビョンホのビッグピクチャーに出くわした。

1月8日に韓国で放送されたJTBC金土ドラマ「ハッシュ」第7話では、ハン・ジュンヒョク(ファン・ジョンミン)イ・ジス(少女時代 ユナ)をはじめとする取材チーム「H.U.S.H」が、ゴ議員の不正採用の誤報に関する取材に入った。さらに、編集局長のナ・ソンウォン(ソン・ビョンホ)局長の怪しい行動は、注目を集めた。

この日の放送でイ・ジスが流した進撃のポスティングは、一夜にしてSNSを越えて毎日韓国の壁を埋め尽くした。「私も大韓民国メディアを信じない」という非難と不信のメッセージは毎日韓国を狙撃していた。会心の公式立場で沈静化していた世論が再び沸き上がると、毎日韓国は大騒ぎになり、パク・ミョンファン(キム・ジェチョル)社長も憤慨した。しかし、ナ局長は「口が少し辛いからといって慌てて冷たい水を飲めば格好がおかしく見えるだろう」とし、「今回だけ頭を下げてください」と意外な対応策を打ち出した。

ナ・ソンウォンはそんな状況の中でも平常心を失わなかった。イ・ジスには記事に対するインセンティブとしてお金を渡したり、ハン・ジュンヒョクがヤン・ユンギョン(ユ・ソン)と後続取材を進めているという事実もすでに知っていた。続いて「われわれ毎日韓国が誤報に対して責任を負う姿をはっきりと見せてほしい」と公式取材まで指示した。ナ局長が全ての計画を監視していたことが疑われたが、ハン・ジュンヒョクはイ・ジスとチェ・ギョンウ(チョン・ジュンウォン)まで参加させ、後続取材に拍車をかけた。

しかし、「H.U.S.H」チームは出撃から難航した。イ・ジスとチェ・ギョンウは請託リストの当事者たちにインタビューを拒否され、チョン・セジュン(キム・ウォンヘ)チーム長はゴ議員の事務室に居残る身となった。しかし、決定的な手がかりをつかんだ。チョン・チョルウク(チェ・スンイル)議員が、パク代表と通話する内容を盗み聞きしていたのだ。

一方、毎日韓国の一部でゴ議員採用不正をまた暴いていることを知った社会部のユン・サンギュ(イ・ジフン)部長は激昂した反応を見せた。ハン・ジュンヒョクの群れと対立していた彼は、ヤン・ユンギョン(ユ・ソン)を呼び出して「局長が自分の生きるために銃弾を探しているんだ」と言って退かせた。ヤン・ユンギョンは、チーム員の孤軍奮闘を見守りながら、深い苦心に沈んだ。

ナ局長に対する疑念はさらに増幅した。ポストイットが波打っていた毎日韓国社屋には「毎日韓国がお詫び申し上げます」という大きな垂れ幕がかけられ、ハン・ジュンヒョクは保安課長から「『ナ局長が昨夜、自分とイ・ジスが映っているCCTVを消してほしい』と言われた」と聞いた。毎日韓国内外の事件を掌握するナ・ソンウォン、本心が分からない彼の「ビッグピクチャー」は、危険な雰囲気を漂わせた。何よりも毎日韓国とゴ・スド、チョン・チョルウク議員の癒着関係も暗示され、注目を集めた。ゴ議員の後続取材に反対したユン部長が実は彼らと緊密に絡み合っている点、特に高議員が属している政党代表の息子が毎日韓国に入社したという情況を察し、好奇心を寄せた。

果たしてハン・ジュンヒョクと「H.U.S.H」チームは、毎日韓国とナ局長が隠した真実を明らかにすることができるだろうか。9日の午後11時に韓国で第8話が放送される。

記者 : パク・スイン