チョ・ビョンギュ&ペ・ヌリら出演映画「この中にエイリアンがいる」2月に韓国で公開決定…予告ポスター解禁

MYDAILY |

写真=Storm Pictures Korea
“売れっ子俳優”のチョ・ビョンギュが、映画「この中にエイリアンがいる」で2月に観客と会う。

「この中にエイリアンがいる」は2月の韓国公開を確定し、愉快でハツラツとした予告ポスターを公開した。科学知識100%、怖気200%で集まったエイリアン研究の同好会メンバーたちが、人生最大の危機を迎える物語を描いたミステリーコメディ映画だ。

映画「殺人の告白」や「悪女/AKUJO」の助演出を経て昨年、アクションモバイルムービー「トッコ リワインド~復讐の毒鼓~」で演出を務めたチェ・ウンジョン監督の新作で、「第24回富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭」で「コリアンファンタスティック:Watchaが注目した長編」部門を受賞して話題を呼んだ。地球がエイリアンに侵略され、YouTubeで話題を集めたエイリアン博士がいるという地下のバンカーに生存者たちが集まって繰り広げられる独特なストーリーは、個性溢れる俳優たちの出演で面白さを倍増させた。

現在韓国で放送中のOCNドラマ「驚異的な噂」で熱く愛されているチョ・ビョンギュは、「この中にエイリアンがいる」でト・ゴンテ役を務め、ストーリーをリードしていく。代替不可能なシーンスティラー(ドラマや映画で素晴らしい演技力や独特の個性でシーンを圧倒する役者を意味)である俳優のテ・ハンホは、博士の助手のテ・ハミョン役を、現在KBS 2TVドラマ「浮気したら死ぬ」に出演中である女優のペ・ヌリは、ゴンテの元恋人のペ・スジン役を務める。

SS501のキム・キュジョンは、歌手志望生のペク・マタン役を、女優のユンジェはペク・マタンに保護されることになったミミ役を演じる。

この他にもドラマ「熱血司祭」「サイコパスダイアリー」のイ・ヒョヌン、映画「ブラックマネー」のユン・ジニョン、映画「アイリス2:LAST GENERATION」のチョン・ジェヒョンなど、多彩な魅力をもつ演技派俳優たちが本作のために大集合し、彼らのアンサンブルで完成された斬新なコメディに対する期待が高まっている。

公開された予告ポスターは、衣装から表情まで、それぞれの個性を誇る人物の姿が写っており、目を引く。防毒マスクを持っているチョ・ビョンギュをはじめ、花を持っているキム・キュジョン、銃を持っているテ・ハンホなど、誰一人普通に見える人物がおらず、本作の独特な面白さが伝わってくる。さらに「取り扱い禁止の奴らがやってくる!」というキャッチコピーは、彼らが作り出すただならぬ事件を予告している。

記者 : キム・ナラ