ソンフン&イ・ガリョン出演、新ドラマ「結婚作詞 離婚作曲」ウェディング写真を公開

MYDAILY |

写真=ジダムメディア
総合編成チャンネルTV朝鮮の新週末ドラマ「結婚作詞 離婚作曲」に出演するソンフンとイ・ガリョンが、結婚生活3年目の夫婦の尋常ではないオーラを盛り込んだウェディング写真を公開した。

「復讐しろ」の後番組として韓国で今月23日に韓国で初放送される予定のドラマ「結婚作詞 離婚作曲」は、成功した30代、40代、50代の魅力的な3人の女性主人公に訪れた、想像もできなかった不幸に関する物語で、本物の愛を探す夫婦たちの不協和音を描いたドラマだ。「ずっと会いたい」「人魚姫」「神様、お願い」など多数のヒット作を誕生させた“ヒット作メーカー”Phoebeが、5年ぶりにミニシリーズで復帰する作品として関心が高まっている。

何よりもドラマとバラエティを通じて活発に活躍しているソンフンは、初主演を務めた「芙蓉閣の女たち~新妓生伝」以来、約10年ぶりにPhoebe脚本家のラブコールを受けて注目を集めた。「結婚作詞 離婚作曲」でソンフンが担当するパン・サヒョンは、妻であるプ・ヘリョン(イ・ガリョン)より1歳年下の有能な弁護士で、厳しい世界で子供が必ず必要かというプ・ヘリョンの話に同意した人物だ。Phoebe脚本家に抜擢されて話題を集めたイ・ガリョンは、アナウンサー出身のラジオDJに変身し、夫パン・サヒョンとともに子供の計画なしに“ワークライフバランスのライフ”を約束して結婚した、プライドの高いプ・ヘリョン役を演じる。

そして今回、ソンフンとイ・ガリョンがパン・サヒョンとプ・ヘリョンに変身した、結婚写真を公開して関心を集めている。それぞれタキシードとドレスを着て仲良くポーズを取った2人は、幸せな雰囲気を漂わせている。しかしパン・サヒョンは深刻な表情で、プ・ヘリョンは堂々とした眼差しで、甘さと殺伐さを行き来する相反した雰囲気を演出している。果たして予測不可能なこの夫婦の新婚生活がどのように展開されるか、好奇心を刺激している。

「結婚作詞 離婚作曲」の出演についてソンフンは「初めての主演作品で残念な点が多かったので、その未練を断ち切るいいチャンスが訪れた」と感想を伝えた。相手女優であるイ・ガリョンについては「初めて共演するので大変な部分もあると思ったが、予想より現場での雰囲気がよかった。これからもっとケミ(ケミストリー、相手との愛書)を披露したい」と明かした。また「この作品が終わる時に未練や後悔が残らないように、俳優としてできるすべてを引き出して最善を尽くす予定だ」と覚悟を伝えた。

イ・ガリョンは「“ミダースの手”のPhoebe脚本家の作品に出演できることだけでも光栄でありがたい」と心境を伝えた。またソンフンについては「ムードメーカーであり、現場でたくさん配慮していただいて大きな力になっている。優しくて素敵な俳優に会ってよかったと思う」と感謝の言葉を伝えた。最後に「視聴者の皆さんから『結婚作詞 離婚作曲』が愛されるよう最後まで一生懸命に頑張る」と抱負を明かした。

制作陣は「ソンフンとイ・ガリョンは『結婚作詞 離婚作曲』を通じて初めて共演したにもかかわらず、格別な演技の情熱を注いで完璧なケミを披露している。2人が務めるパン・サヒョンとプ・ヘリョンは、愛と仕事、妊娠の相関関係に直面した30代夫婦を代表するキャラクターとして、視聴者の共感を引き出す予定だ。2人の活躍が輝く『結婚作詞 離婚作曲』に多くの関心をお願いしたい」と伝えた。

「結婚作詞 離婚作曲」は韓国で今月23日の土曜日より放送がスタートする。

記者 : チョン・ジヒョン