BTS(防弾少年団)、番組に出演することなく「音楽中心」で2021年最初の1位に!RAIN&パク・ジニョン(J.Y. Park)のステージも

Newsen |

写真=MBC「ショー 音楽中心」 放送画面キャプチャー
BTS(防弾少年団)がキョンソ、BLACKPINKを抑えて1位に輝いた。

本日(2日)韓国で放送されたMBC「音楽中心」では、BTSが「Life Goes On」で1位を獲得した。

レジェンドたちの組み合わせで話題となったRAIN&パク・ジニョン(J.Y. Park)は、「僕に変えよう(duet with JYP)」でデュエットのステージを披露した。2人はニュージャックスウィングの雰囲気を完璧に再現した中毒性溢れるメロディー、カリスマ性を放つダンスで目が離せないステージを届けた。

INFINITEのソンギュは自身が作詞に参加した3rdミニアルバムの収録曲「Room」、タイトル曲「I'm Cold」を披露。彼はキレのあるセクシーな魅力とともにボーカリストとしてより成長した姿を届けた。

ソン・ガインは2ndフルアルバムの収録曲「禁止された愛」、タイトル曲「夢」で幅広いスペクトルを誇った。説得力のある歌声で熱唱し、新型コロナウイルスで疲れている人々に希望のメッセージを届けた。特にステージにはサムルノリ(韓国の伝統音楽の1つ)、太鼓、タルチュム(韓国の伝統舞踊の1つ)、獅子舞のパフォーマンスが加わって視聴者の目と耳を楽しませた。

パク・ナムジョンはチェ・ジョンビンと「Listen Again」を披露し、変わりないダンスの実力で視聴者の思い出をくすぐった。X1出身のチョ・スンヨン(WOODZ)はWanna One出身のキム・ジェファンとともに、ソン・シギョンの「ならいいのに」を再解釈したステージで甘いハーモニーを届けた。NORAZOは新年を迎えて「サイダー」と「パン」を再解釈した「Happy New Year」で愉快なエネルギーを与えた。

同日の番組にはRAIN&パク・ジニョン(J.Y. Park)、ソン・ガイン、INFINITEのソンギュ、パク・ナムジョン&チェ・ジョンビン、X1出身のチョ・スンヨン(WOODZ)、キム・ジェファン、NORAZO、レソナ(レイナ、ソユル、ナダ)、DKB、woo!ah!、GHOST9、Bling Bling、BAE173、2Zが出演した。

記者 : イ・ハナ