「飛べ小川の竜」ペ・ソンウ、押収捜索を受けたクォン・サンウに怒り

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「飛べ小川の竜」の放送画面
1日に韓国で放送されたSBS「飛べ小川の竜」で、パク・サムス(ペ・ソンウ)がパク・テヨン(クォン・サンウ)に大きな腹を立てた。

パク・テヨンは、寄付金品法違反で検察の押収捜索を受けた。怒った彼は、チョ・ギス(チョ・ソンス)を訪ねて宣戦布告をし「大法院長官はなぜ、過去の過ちを謝罪しないのか。私は持っているものがないし、失うものもない。大法院長が謝るまでやる」と堂々と述べた。

パク・サムスはそんなテヨンに怒った。彼は「ファンディングをうまく使っていれば、こういう屈辱は受けなかった。押収捜索で何かを持って行かれたとしても、今回のファンディングは守らなければならない」と述べた。

記者 : パク・パンソク