チャン・ドンユン、新ドラマ「朝鮮駆魔師」撮影中に落馬し病院へ“腕を負傷…撮影は一時中断”

Newsen |

写真=Newsen DB
俳優のチャン・ドンユンが、ドラマ撮影中に落馬して腕を負傷したことが分かった。現場を見ていた一部関係者によると、骨折と見られるということで関心が集まっている。

チャン・ドンユンは、SBS新ドラマ「朝鮮駆魔師」に出演している。ドラマの関係者は12月29日、彼が全羅南道(チョルラナムド)潭陽(タミャン)一帯で「乗馬の練習中に馬から落ちて腕を負傷した。事故直後に近くの病院に運ばれ、緊急治療中であると認識しており、これによって撮影も一時中断の状態だ」と伝えた。

来年、韓国で放送予定のファンタジーアクション時代劇「朝鮮駆魔師」で、チャン・ドンユンは忠寧大君役を務めている。

・カム・ウソン&チャン・ドンユン&パク・ソンフン、新ドラマ「朝鮮駆魔師」出演決定…新たなファンタジーアクション時代劇を披露

・「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」チャン・ドンユン、初挑戦の時代劇で女装に苦労も…男性同士のキスに“半分くらい魂を抜かれた感じで(笑)”

記者 : ホ・ミンニョン