Big Hitパン・シヒョク代表、米Varietyが「ビジネスリーダー500」に初選定!

MYDAILY |

写真=Big Hitエンターテインメント
Big Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表が、アメリカの大衆文化メディア「Variety」が選んだ「Variety 500」に選定された。

「Variety」は23日(現地時間)、公式ホームページを通じて「Variety 500」リストを公開した。「Variety 500」は「Variety」が2017年から毎年、世界のメディア産業を引っ張る影響力あるビジネスリーダー500人を選定して発表するリストだ。今年はパン・シヒョク代表とともにアマゾン(Amazon)の会長ジェフ・ベゾス、NetflixのCEOリード・ヘイスティングス、アップル(Apple Inc.)のCEOティム・クックなどが名をあげた。

「Variety」は「韓国のボーイズグループBTS(防弾少年団)を知らないなら、あなたはどこで生きてきたのか?」という質問を投げ、BTSの世界的な成功を引っ張ったパン・シヒョク代表の活躍を紹介した。「Variety」はパン・シヒョク代表が音楽制作だけではなく、事業の多様化に力を入れている点にも注目した。

技術基盤のグローバルファンコミュニティプラットホーム「Weverse」を開発し、ゲーム会社SUPERBとSource Music、Pledisエンターテインメントなどいろんなレーベルを引き受けた事実を言及し「今年上半期、韓国のアルバム売上ランキングの100位内の売上の40%がBig Hit Labelsのアーティストたちの作品だった。今年10月の企業公開時には企業価値が8兆ウォン(約7600億円)を記録した」と強調した。

パン・シヒョク代表のBig Hitは今年BELIFT LAB、Source Music、Pledisエンターテインメント、KOZエンターテインメントを併せるマルチレーベル体制を固めると同時に、コンテンツパワーハウスとしてグローバル力量を世界市場に明確に見せている。BTSのデジタルシングル「Dynamite」が米ビルボード「HOT100」で計3回も1位を獲得し、続いて発売したBTSのアルバム「BE」とタイトル曲「Life Goes On」が同週にそれぞれ「ビルボード200」と「HOT100」で並んでトップの座を獲得する前代未聞の記録を打ち立てた。それだけではなくデビュー2年目の新人グループTOMORROW X TOGETHERのミニアルバム「minisode1 : Blue Hour」も「ビルボード200」で25位を記録するなど、Big Hitの制作能力とシステムの強さを証明した。

それにBig Hitはグローバルファンコミュニティプラットホーム「Weverse」の運営を通じて、世界中のファンダム(特定ファンの集まり)を集め、コミュニティ、コマース、ライブストリーミング、メンバーシップなどの多彩なサービスを提供することで、音楽を土台にしたエンターテインメントライフスタイルプラットホーム企業としての地位を固めた

この他にも音楽とアーティストIPをゲーム、学習コンテンツなどの形で多様に披露し、エンターテインメントライフスタイルの概念を新たに書いているBig Hitとパン・シヒョク代表の歩みは、国内外の音楽産業の変化と革新をリードしていると評価されている。パン・シヒョク代表は今年初め「2020 ビルボードパワーリスト」「2020 ビルボードインディーパワープレイヤーズ」に選定され、今年6月には「ポニーチョン革新賞」を受賞した。

記者 : クァク・ミョンドン