イ・ヒョリ、強烈なカリスマ性あふれるグラビアを公開…金髪&個性的なヘアスタイルにも注目

MYDAILY |

写真=「GQ KOREA」
歌手イ・ヒョリが「GQ KOREA」2021年1月号のカバーを飾った。

バレンシアガと共に撮影した今回のグラビアで、イ・ヒョリは「払戻遠征隊のチョンオクとして活動していたけれど、ファンの皆さんが(チョンオクの強い姿を)とても愛してくれた。私自身も、これまで吐き出せなかった怒りみたいなものを吐き出せた気がして、スッキリしながらも楽しかった。なので今回のグラビアも、チョンオクの強烈な印象のまま撮りたかった」と伝え、大胆で自由な雰囲気の撮影ビハインドストーリーを明かした。

同紙とのインタビューで、イ・ヒョリは最近SNSアカウントを削除したことについて「まだ新たにアカウントを開設する気はないけれど、ファンの皆さんに感謝の気持ちを伝える窓口がSNSだったので、それはとても残念だと思う。でも、そんなときは夫のイ・サンスンのSNSを活用している。夫が苦痛を吐露している」と愉快な近況を伝えた。

「毎日、寝る前に夫と1~2時間ぐらいスマートフォンを見ていたけれど、最近はまた読書している。その時間がとても好きだ」と、変化してきた日常についても明かした。

イ・ヒョリは、SNSの代わりにファンとコミュニケーションをとる方法の1つとして、エッセイを準備中だと伝えた。また、2021年に叶えたいことについても率直に明かしたという。

イ・ヒョリのグラビアとインタビューは、「GQ KOREA」2021年1月号に掲載されている。

記者 : イ・スンロク