パク・ボヨン&ソ・イングク&イ・スヒョクら、新ドラマ「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」最強ラインナップが話題

TVREPORT |

写真=各所属事務所
tvNの新ドラマ「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」に女優のパク・ボヨン、俳優のソ・イングク、イ・スヒョク、5urpriseのカン・テオ、シン・ドヒョンが出演を確定した。ラインナップだけでも人々をときめかせる彼らの共演に、早くも期待が高まっている。

2021年上半期に韓国で放送予定のtvN新ドラマ「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」(演出:クォン・ヨンイル、脚本:イム・メアリ、企画&制作:Studio & New、Studio Dragon)は、消えていく全ての物の理由となる存在“滅亡”と、消えないために命がけの契約をした人間“ドンギョン”の100日間のファンタジーロマンスを描く。ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」で優れた筆力を認められ、最も次回作が期待される脚本家として挙げられているイム・メアリと「(知っていることはあまりないけれど)家族です」を演出したプロデューサーのクォン・ヨンイルのタッグで関心を集めている。

そんな中、パク・ボヨン、ソ・イングク、イ・スヒョク、カン・テオ、シン・ドヒョンの出演が最終確定し、注目されている。まず、パク・ボヨンは劇中、ライフストーリーのウェブ小説を編集する編集者のタク・ドンギョン役を演じる。タク・ドンギョンは平凡な人生に入ってきた意外な運命に自身の命と愛をかけようとする人物だ。パク・ボヨンは、ドラマ「ああ、私の幽霊さま」「力の強い女ト・ボンスン」などを通じて、しっかりとした演技力とラブリーな魅力、童顔の美貌で爽やかなイメージを構築しながら視聴者に愛されてきた。このため、パク・ボヨンが今回の作品を通じて披露する新たな変身に期待が高まっている。

劇中でタク・ドンギョン(パク・ボヨン)と命をかけた契約をする存在“滅亡”役にはソ・イングクがキャスティングされ、注目を集めている。“滅亡”はひどい運命に割り込んだ意外な人生に自身の憐憫と愛を捧げることになった特別な存在だ。ソ・イングクは、ドラマ「ショッピング王ルイ」「空から降りる1億の星」などを通じて、鋭い目元と強烈な眼差し、男らしい魅力で女心を揺さぶりながら“ロマンス職人”として浮上した。このため、「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」でパク・ボヨンと命をかけた契約関係で絡んだ存在になって披露するソ・イングクの熱演に期待が高まっている。

イ・スヒョクは劇中、ライフストーリーウェブ小説の編集長チャ・ジュイク役を演じる。チャ・ジュイクは甘い言葉と心を揺さぶるスキンシップで、作家のロマンス的才能を高める能力を持っている人物だ。イ・スヒョクの高身長と魅力的な眼差し、低い声で完成された都会的なイメージがチャ・ジュイクというキャラクターとのシンクロ率を誇り、期待が高まっている。

カン・テオはイ・ヒョンギュ役を演じる。イ・ヒョンギュは愛から逃げてばかりだった少年から、初恋を取り戻すための大人の成長痛を患うカフェの社長かつチャ・ジュイク(イ・スヒョク)の同居人。カン・テオは、ドラマ「この恋は初めてだから~Because This is My First Life」「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」などで、ジャンルを問わず強烈な演技を披露した俳優であるため、彼がまたどんな演技で視聴者を魅了するか期待される。

チャ・ジュイクとイ・ヒョンギュの間で三角関係のヒロインになったウェブ小説家のナ・ジナ役には、シン・ドヒョンがキャスティングされ、関心を高めている。シン・ドヒョンは前作「賢い医師生活」で視聴者に顔を知らせた新人女優だ。多彩な魅力を持っているシン・ドヒョンがイ・スヒョク、カン・テオと披露するラブストーリーに関心が集まっている。

「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」の制作陣は「パク・ボヨン、ソ・イングク、イ・スヒョク、カン・テオ、シン・ドヒョンを主要キャラクターにキャスティングした。信頼できる俳優たちが爆発的な相性を披露するだろう。彼らが描いていく100日間のファンタジーロマンスをお楽しみに」とコメントした。

記者 : イ・ユンヒ