UP10TION シャオ、グループ3人目の新型コロナ感染…ビト&コギョルはすでに退院

OSEN |

UP10TIONのシャオが、新型コロナウイルス陽性の判定を受けた。

所属事務所TOPメディアは15日、公式SNSを通じて、「クン、ソンユル、ギュジン、ファンヒ、シャオは2週間の自主隔離を終え、14日に追加でPCR検査を受けた。本日、クン、ソンユル、ギュジン、ファンヒは陰性判定、シャオは陽性判定を受けた」と明らかにした。

続けて「シャオは自主隔離の期間中に別の場所で接触者なく生活し、無症状の状態であり、保健当局の指針にしたがって今後追加の検査を実施する予定だ」と伝えた。

また、新型コロナウイルス陽性判定を受けて、指定の施設に泊まっていたメンバーのビトとコギョルは13日と14日に退院した。クン、ソンユル、ファンヒは自主隔離の解除と同時に陰性の判定を受けて、日常生活や活動を続けていく予定だ。

最後にTOPメディアは「もう一度、今後新型コロナウイルスの衛生管理及びアーティストの管理に最善をつくしたい」と付け加えた。

先立って、ビトは先月30日、コギョルは1日に新型コロナウイルス陽性の判定を受けた。

・UP10TION ビト、新型コロナウイルスに感染…今後のスケジュールは全キャンセルに「他メンバーもPCR検査中」

・UP10TIONから2人目…コギョル、新型コロナウイルスに感染「他のメンバーや関係者は陰性」

【TOPメディア コメント全文】

こんにちは。TOPメディアです。

先立って、新型コロナウイルス陽性の判定を受けて指定の施設に泊まっていたUP10TIONのメンバーのビト、コギョルは12月13日と14日、保健当局の指示にしたがって退院しました。

隔離解除時に実施したPCR検査で、ビトは陰性、コギョルは陽性の判定を受けました。コギョルは無症状、無感染者で、保険当局からは日常生活が可能であると案内されましたが、安全のためにしばらく別途自主隔離の後、追加の検査を受けます。

また、保健当局の管理のもとで、それぞれの場所で自主隔離中だったクン、ソンユル、ギュジン、ファンヒ、シャオは2週間の自主隔離を終え、14日に追加でPCR検査を受け、15日にクン、ソンユル、ギュジン、ファンヒは陰性判定、シャオは陽性判定を受けました。

クン、ソンユル、ギュジン、ファンヒは自主隔離の解除と陰性の判定で、今後日常生活及び活動などに問題がないことを確認してもらいました。

シャオは自主隔離の期間中に別の場所で接触者なく生活し、無症状の状態であり、保健当局の指針にしたがって今後追加の検査を実施する予定です。

もう一度今後新型コロナウイルスの衛生管理及びアーティストの管理に最善を尽くしてまいります。

記者 : シム・オンギョン