Block BのP.O出演、演劇「Almost Maine」トレーラー映像を公開…9つの愛のエピソード

Newsen |

写真=劇団少年
演劇「Almost Maine」のトレーラー映像が公開された。

演劇「Almost Maine」製作会社の劇団少年は11日、公式SNSを通じて作品の感性的な雰囲気が際立つ一本の映画のようなトレーラー映像を公開した。作品の中の村「オールモスト」の様々な人物のエピソードはもちろん、性格まで垣間見ることができる映像は、彼らが持っているそれぞれの事情への好奇心を刺激する。

誰かと電話した後、受話器を置くピット、スピーカーを修理しながら汗を流すイースト、ノートに繰り返し丸を描くスティーブ、ささやかないたずらでゆったりと夜を過ごすロンダとデイブなどの姿が次々登場する映像を通じて彼らが描く「Almost Maine」の舞台への期待を高めた。

特に親近に話したり、ビールを飲みながら余裕のある日常を送っている村人の姿から、親近感溢れ、心温まる作品の雰囲気が伝わってくる。また、短い映像でも個性的なキャラクターの性格を垣間見ることができ、舞台で繰り広げられる9つのストーリーも好奇心をくすぐる。

「Almost Maine」は劇団少年が披露する5番目の作品で、様々な意味が込められた愛を題材に9組のカップルのエピソードを込めたオムニバス形式で構成されている。Block BのP.Oをはじめ、劇団少年所属のキム・ギジュ、イ・チュンホ、イ・ハンソル、チュ・ドハ、チェ・ヒョンソンらが出演する。

劇団少年はP.Oを中心に翰林(ハンリム)芸術高校演技科の第1期卒業生が集まって結成した劇団で、演劇「スーパーマンドットコム」「MANITOZ」など新鮮な雰囲気の演劇を披露し、注目を集めた。

「Almost Maine」は新型コロナウイルス感染拡大によりソーシャルディスタンスが2.5段階に格上げされたことにより、座席の間隔を開けた状態でチケットが販売され、12月25日より開幕する。2021年2月14日まで大学路(テハンノ)TOM2館で上演される予定だ。


※動画はクリックまたはタップで閲覧できます。

記者 : パク・スイン