BTS(防弾少年団)との縁で実現?ホールジー&Lauv&スティーヴ・アオキ、Big Hit合同コンサートに出演決定

Newsen |

写真=Big Hitエンターテインメント
アメリカの歌手ホールジー、Lauv(ラウヴ)、DJのスティーヴ・アオキがBig Hitエンターテインメントの合同コンサートに参加する。

Big Hitエンターテインメントは12月8日、公式SNSを通じて、12月31日午後9時30分から一山(イルサン)KINTEXで開かれる合同公演「2021 NEW YEAR'S EVE LIVE」で、ホールジー、Lauv、スティーヴ・アオキがコネクトステージを披露すると明らかにした。

今回の公演は、Big Hitエンターテインメントが創立15年にして初めて披露する合同コンサートだ。プロデューサー出身のパン・シヒョク代表が2005年2月に設立したBig Hitは最近、SOURCE MUSICやPledisエンターテインメントと株式買収契約を締結するなど、“Big Hitレーベル”の規模を拡大している。

今回の公演には、Big Hit所属のイ・ヒョンとBTS(防弾少年団)、TOMORROW X TOGETHERを皮切りに、SOURCE MUSIC所属のGFRIEND、Pledis所属のBUMZUとNU'EST、BELIFT LAB所属のENHYPENの7組が出演する。

これに加え、故シン・ヘチョルさんのトリビュートステージに続き、ホールジー、Lauv、スティーヴ・アオキの参加も予告した。3人はいずれもBTSとコラボしたアーティストだ。BTSの人脈で実現した豪華ラインナップだと言える。

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた韓国でのソーシャルディスタンスが2.5段階に引き上げられ、ペク・チヨン、EXIDのソルジなど、歌手たちは相次いでコンサートを中止にした。演劇とミュージカルもほとんど中止となり、11日に開かれる予定だった第41回青龍(チョンリョン)映画賞は授賞式を来年に延期した。新型コロナウイルスよる社会全般の懸念が高まっており、追加の被害を未然に防ぐための決断だ。

Big Hitはオフライン公演だけを中止にし、オンラインライブストリーミングを予定通りに進めると7日に発表した。2020年の最終日に開かれる公演で、新年のカウントダウンイベントも進める予定だ。

オンライン開催ではあるが、公演の事前収録の有無やカウントダウンの進め方などは、正確に告知されていない状況だ。Big Hitは、政府の防疫指針を遵守して、安全な公演環境を作ると伝えている。

・Big Hit Labels、オフライン公演はキャンセルに…新型コロナウィルスの再拡大を受けコメント

・Big Hit Labels、合同コンサートを12月31日に開催!NU'EST&ENHYPENの出演を発表…年越しカウントダウンも

記者 : ファン・ヘジン