チョン・ソンイル、キーイーストと専属契約を締結「もっと多彩な作品で活動できるよう支援を惜しまない」

MYDAILY |

写真=キーイースト
ドラマ「秘密の森2」と「産後養生院」で注目を集めた俳優のチョン・ソンイルが、総合エンターテインメントスタジオであるキーイーストとの専属契約を締結した。

キーイーストの関係者は本日(7日)の午前「チョン・ソンイルと専属契約を締結した」と公式コメントを伝えた。

これについてキーイーストのマネジメント部門の代表イ・ヨヌ取締役は「印象的な演技で演劇舞台とドラマで活発的に活躍し、独歩の存在感を誇示してきた俳優のチョン・ソンイルと契約を締結するようになって大変嬉しい。チョン・ソンイルは長い間、演技とミュージカル舞台で活躍してきた実力派俳優で、各役割ごとに新しい顔を披露する表現力がすばらしい俳優だ。これからもっと多様な作品で活動することができるように支援を惜しまない」と伝えた。

2000年、演劇「青春礼賛」を通じてデビューしたチョン・ソンイルは、「Shear Madness」「兄弟の夜」「Mr.神」「6時退勤」「UNCHAIN」など多数の演劇、ミュージカルで活躍し“演劇界の有望株”として選ばれてきた。

それだけではなく、ドラマ「99億の女」「異夢」「美賊イルジメ伝」と映画「必ず捕まえる」「フランス映画のように」などを通じてジャンルを行き来しながら印象的な演技を披露した。

チョン・ソンイルは今年だけでドラマ3本、公演3本に出演するなどドラマと舞台で活躍した。彼は最近、ケーブルチャンネルtvN「秘密の森2」と「産後養生院」に連続出演し、その存在感をアピールした。

「秘密の森2」では、ハンジョグループの会長イ・ヨンジェ(ユン・セア)を補佐するパク常務役として出演、ハンジョのブレインとして活躍し、深い印象を与えた。視聴者の心をときめかせるユン・セアとの完璧なケミ(ケミストリー、相手との相性)はもちろん、明確な発音と中低音の声、引き込まれる演技で存在感を証明してシーズン3でまた会いたい“シーンスティラー(映画やドラマで素晴らしい演技力や独特の個性でシーンを圧倒する役者を意味する)”として選ばれるほど好評を受けた。

チョン・ソンイルは現在、ミュージカル「MIO FRATELLO」でサニーボーイ役として出演している。舞台を超えてドラマでも頭角を現しているチョン・ソンイルが、キーイーストと出会い、どんな相乗効果を発揮するのか期待を集める。

記者 : キム・ナラ