BTS(防弾少年団)が驚異の6冠!「MMA 2020」で感激のコメント…MONSTA X&IZ*ONE&THE BOYZらも続々登場(総合)

OSEN |

写真=OSEN DB
BTS(防弾少年団)が「MMA 2020(MelOn Music Awards 2020)」が選んだ今年のアーティスト、楽曲、アルバムすべてに輝き、6冠を獲得した。

2日に幕を開けた「MMA 2020」の本授賞式が5日午後7時、オンラインで行われた。MMA WEEKの間、多様なジャンルのアーティストたちが新概念の「音楽的な距離を縮める」ことに成功したなか、BTSが3つの大賞をはじめ6冠を獲得した。

まずジミンは、「今年のアルバム賞」を受賞して「BTSの初めての大賞がここ『MMA』でのアルバム賞だったが、この賞を再びもらうことは、僕たちにもとても大きな意味を持つ。ファンたちに恩返しする気持ちであり、意味深い。またこの賞をもらったことは、僕たちの価値を証明することでもあり、一層嬉しい」とほほ笑んだ。

ヒット曲「Dynamite」で「今年の歌賞」のトロフィーを手にとったジョングクは「歌手をしていて最も胸がいっぱいになるのは、僕たちの曲を聴いて、多くの方々が元気を出して癒やされる時だ。特に今年のように厳しい状況で、僕たちが多くの方々のためにアルバムを出して、良い成績を出せた。この曲によって元気づけられた方が多くて気持ちがよかった。僕も元気づけられた。慰めや元気になる音楽をどんどん作って聴かせたい」と話した。

大賞となる「今年のアーティスト賞」もBTSに与えられた。リーダーのRMは「すべての方々に感謝したい。このような時期に意味のある賞をもらうことができたが、ファンたちに会えないまま公演をして、約1年になる。今年は大変でしたよね? 僕たちも初めは悔しく、挫折して、努力した。このような現実を受け止めて馴染んでいった。人間の温もりを自ら感じるべきだったが、馴染むのが怖かった。案の定、僕たちが世界に放った心が無駄ではないことが分かった。皆さんから送られた愛情を確認した。長い冬を乗り越えて春が来るまで、一緒に生きていこう。皆、本当にお疲れさまでした」と述べた。

歌手のイム・ヨンウンも「トップ10」「ベストトロット」「ホットトレンド賞」の3冠を獲得した。彼は「2020年は大変な時期だったが、トロット(韓国の演歌)マンたちが国民の皆さんに慰めや感動を与えられて幸せな1年だった。僕だけではなく、トロットが多くのプレゼントを与えた。この賞は僕が上手くいったからいただいた賞ではなく、今年1年間トロットが大きく愛され、来年もよろしく、という意味でいただく賞だと思いたい」と感謝の挨拶をした。

この日のレッドカーペッドにはBTSをはじめMONSTA X、IZ*ONE、OH MY GIRL、THE BOYZ、TOMORROW X TOGETHERなどの豪華アーティストが登場し、豪華なステージを披露して注目を集めた。

・【PHOTO】BTS(防弾少年団)「MelOn Music Award 2020」レッドカーペットに登場

・【PHOTO】MONSTA X「MelOn Music Award 2020」レッドカーペットに登場

・【PHOTO】IZ*ONE&TOMORROW X TOGETHER&THE BOYZら「MelOn Music Award 2020」レッドカーペットに登場

【「MMA 2020」受賞者リスト】

◆今年のアーティスト賞:BTS

◆今年の歌賞:BTS(「Dynamite」)

◆今年のアルバム賞:BTS(「MAP OF THE SOUL:7」)

◆TOP10:BTS、イム・ヨンウン、EXO ベクヒョン、IZ*ONE、IU(アイユー)、OH MY GIRL、Block B ジコ、BLACKPINK、キム・ホジュン、ペク・イェリン

◆今年の新人賞(男/女):CRAVITY、Weekly

◆ベストパフォーマンス賞:MONSTA X

◆ベストダンス賞(男/女):BTS(「Dynamite」)、BLACKPINK(「How You Like That」)

◆ベストロック賞:IU(「eight」)

◆ベストトロット賞:イム・ヨンウン

◆ベストソングライター賞:ヨンタク

◆ホットトレンド賞:トロットマン6(イム・ヨンウン、ヨンタク、イ・チャンウォン、チョン・ドンウォン、チャン・ミンホ、キム・ヒジェ)

◆ネットユーザー人気賞:BTS

◆ベストポップ:サム・スミス

◆OST賞:チョ・ジョンソク(ドラマ「賢い医師生活」のOST「アロハ」)

◆1theKオリジナルコンテンツ賞:THE BOYZ

◆ベストバラード賞:Davichi

◆ベストセッション賞(ドラム部門):シン・ソクチョル

◆ベストセッション賞(ベース部門):チェ・フン

◆ベストセッション賞(シンセサイザー部門):ホン・ソジン

◆ベストセッション賞(コーラス部門):キム・ヒョン

◆ベストセッション賞(その他部門):チョクジェ

◆ベストインデーズ賞:赤頬思春期(「思春期集2 花を見た蝶」)

◆ベストラップ/ヒップホップ賞:DAMOIM(Paloalto、Simon D、The Quiett、YUMDDA、Deepflow)

◆ベストパフォーマンスディレクター賞:Big Hitエンターテインメント ソン・ソンドゥク

記者 : パク・ソヨン