BTS(防弾少年団) ジン、誕生日迎えソロ曲「Abyss」をサプライズ公開…“燃え尽き症候群”になったことを明かす(全文)

OSEN |

写真=OSEN DB
4日、BTS(防弾少年団)のジンが誕生日を迎えてソロ曲「Abyss」をリリースした。

ジンは3日、無料音楽ファイル共有サービスの公式SoundCloudとブログを通じて、ソロ曲「Abyss」を公開した。

新曲のプロデュースは、Pledisエンターテインメント所属の歌手でプロデューサーのBUMZUが手掛けた。ジンとBTSのリーダーであるRM、Big Hitエンターテインメント所属のプロデューサーPdoggも制作に参加した。

深淵、深いどん底などを意味する「Abyss」は、ジンが現時点で感じる感情を表現した楽曲だ。ジンは「息を止めて私の海に入って行く / 美しくも悲しく泣いている自分に出くわす / あの闇の中の自分に / 行って話したい / 今日は君のことがもっと知りたいと yeah」などの率直な歌詞を通じて、甘い歌声を聞かせる。

ジンは「Abyss」について、「最近大きくバーンアウト症候群(燃え尽き症候群)になっていたけれど、自分自身に対するいろんなことを考えたからだと思う。ビルボード『HOT100』で1位を獲得して、多くの方々にお祝いの言葉をいただいたけれど、僕がこんなものをもらってもいいのか。実は僕より音楽をもっと愛している人がいて、もっと上手な方々も多いのに、僕がこんな喜びと祝福を受けてもいいのだろうか。さらに深く入り込んだら、心が大変で、何もかもやめてしまいたくなったようだ」と明らかにした。

そして、「このことで相談も受けながら毎日を過ごしていた中、パン・シヒョクプロデューサーと話をしてみたところ、『今この感情を歌に書いてみたらどうか』と言われた」と告白した。

また、「それで作曲家のケ・ボムジュ(BUMZU)兄さんにお会いすることになり、今の自分の感情と多くのことについて話を交わした。話したいことを書き下ろしたら、『Abyss』が完成した」と説明した。

ジンは「誕生日には合わない、少し憂鬱な曲だけど、それでも誕生日でなければ曖昧だと思って、『Abyss』を公開することになった。ARMY(BTSのファン)たち、未熟ですが聴いてください。PS. サビの歌詞を書いてくれたうちのリーダー様、ありがとうございます」と付け加えた。

BTSは、「2021 グラミー賞」でデジタルシングル「Dynamite」で「ベストポップデュオ/グループパフォーマンス(BEST POP DUO/GROUP PERFORMANCE)」の候補にノミネートされた。

・BTS(防弾少年団) ジン、ニューアルバム「BE(Deluxe Edition)」コンセプト写真を公開“皆さんが世界でたった一つの宝石”

・BTS(防弾少年団) ジン、優しい笑顔でピース…ハンサムなセルフショットで近況を公開



【ジン コメント全文】

こんにちは。ジンです。

先日、記者会見をしながら、こんなことを言いました。

「僕は、僕の悲しい感情をファンの方々と共有したくない。いいものだけを見せたいからだ。しかし、それが音楽になったら話は違う。普段の自分の行動では共有したくないけど、音楽としてはお見せしてもいいと思う」

実は、最近大きくバーンアウト症候群になっていたのですが、自分自身に対するいろんなことを考えたからだと思います。

ビルボード「HOT100」で1位を獲得して、多くの方々にお祝いの言葉をいただいたけれど、僕がこんなものをもらってもいいのかな。

実は僕より音楽をもっと愛している人がいて、もっと上手な方々も多いのに、僕がこんな喜びと祝福を受けてもいいのだろうか。

そのように思いましたし、さらに深く入り込んだら心が大変で、何もかもやめてしまいたくなったようです。

このことで相談も受けながら毎日を過ごしていた中、パン・シヒョクプロデューサーと話をしてみたところ、「今この感情を歌に書いてみたらどうか」と言われました。

「上手に作る自信もないし、結果が良くなければどうしよう、自分はもうそれが許されない位置に来てしまっているのに……」と答えたら、パンプロデューサーは「そういうのは重要ではない。しかし、やれば君は間違いなく上手にやり遂げるだろう、君に合う人を探してやる」と言ってくれました。

そうやって作曲家のケ・ボムジュ(BUMZU)兄さんにお会いすることになり、今の自分の感情と多くのことについて話を交わしました。

明るくポジティブな方でした。お兄さんは「僕を助けたい」と言い、「多くの不安について書いてみよう。上手くいかなかったら、またやり直せばいい」というポジティブなパワーで、僕を再び明るくしてくれました。

そうやってさまざまな話をして、今の自分の感情をそのまま現場でトラックで作ってもらって、それで話したいことを書き下ろしたら、「Abyss」が完成しました。ケ・ボムジュ兄さんにもう1度感謝を言いたいです。

誕生日には合わない、少し憂鬱な曲ですが、それでも誕生日でなければ曖昧だと思って「Abyss」を公開することになりました。

ARMYたち、未熟ですが聴いてください。

PS. サビの歌詞を書いてくれたうちのリーダー様、ありがとうございます。

記者 : キム・ウネ