BTS(防弾少年団) J-HOPEの実姉チョン・ジウ、弟と頻繁に連絡?“率直に心の中を打ち明けて話す”

@STYLE |

BTS(防弾少年団)のJ-HOPEの実姉で、Instagramのフォロワー数630万人(2020年12月現在)を保有する、韓国で話題のファッションインフルエンサーであるチョン・ジウは、様々な異名を持つ。彼女は、自身だけの確固たる価値観と仕事に対する情熱で、誰よりもカッコよく自身の人生を設計していく理想的なキャリアウーマンだった。5年間、自身の名前をかけて運営してきたショッピングモールは、毎年高い再購入率を記録して、“ミッジウ(信頼できるチョン・ジウ)”という異名を得るほど、消費者を魅了し、今年8月にローンチしたアイウェアブランドは急速に口コミが広がり、人気となっている。そのため、家に帰っても朝まで徹夜で仕事をするのが日常になったが、彼女自身とワーカホリック(仕事中毒)はすでに切っても切れない関係になったとして、凛々しい一面を見せる。ただの有名インフルエンサーと言うには、チョン・ジウが描く将来と事業に対する情熱はあまりにもはっきりとしており、彼女の今後の活躍が楽しみだ。

――初のビューティーグラビアでしたが、いかがでしたか?

チョン・ジウ:ビューティーグラビアは初めてだったので、撮影現場で迷惑をかけるのではないかと心配していましたが、みなさんが喜んでくださって本当に良かったと思います。ショッピングモールを運営しながらモデルとしても活動しているので、写真を撮って撮られることに抵抗感はない方ですが、ビューティーグラビアはクローズアップシーンも多く、ファッショングラビアとは性質が違うので、来る前もすごく不安でした。

――普段からビューティーアイテムに興味を持っていますか?

チョン・ジウ:普段はカラーメイクはほとんどしません。その代わり、私はスキンケアにすごく気を使う方です。たまにメイクをしますが、いくらカラーメイクをきれいにしても、肌のコンディションを最高に整っていなければきれいに見えません。肌のコンディションによってテカリが出てきた時、トラブルが出てきた時、乾燥している時など、細かく状況に合わせて異なる製品でスキンケアをします。

――冬の乾燥肌で苦しまれている方が多いです。チョン・ジウだけの冬場の肌の管理方法を教えてください。

チョン・ジウ:共通的な過程は、コットンを化粧水につけて拭く過程です。まず肌の異物をきれいに拭いて、コットンに適量の化粧水をつけてスキンパックをします。その次にエッセンスとクリームの順で塗りますが、冬はクリームにフェイスオイルを混ぜて使ったら、肌のコンディションを引き上げることに役に立ちます。そして私が教える秘訣は、パックです。頻繁にやる時は朝夕でするほど、少なくとも1日に1回は必ずパックでケアしています。パックをした後、クリームをこまめに塗ったら、鼻の奥の乾燥を解決することができます。

――YouTubeの開設と共に大きな話題を呼びましたが、どのように運営していく予定ですか?

チョン・ジウ:私のチャンネルは、サラリーマンのVlog(ブイログ:Video+Blog)と日常Vlogの中間くらいになると思います。チャンネルを開設した最も大きな理由は、お客様との交流ですが、InstagramのようなSNSはコンテンツ制作が限られているので、お客様との交流が制限される部分が多いです。私がしていることや、製品に対する情報を率直に映像で収めてお見せしたら、断片的なスチールカットよりは消費者にもっとアプローチできるんじゃないかと思い、YouTubeを開設することになりました。これからも私がしていることを、映像でもっと詳しく共有するものとして運営されると思います。

――ショッピングモールをオープンして5年目ですね。「MEJIWOO」のどの部分が消費者から愛されていると思いますか?

チョン・ジウ:ショッピングモールの場合、人々が思っているほど売上が高くはないんです。その代わり、再購入率が高くなって、売上が伸びるのが目に見えます。私たちのショッピングモールは、自社制作の商品もあり、仕入れる製品もありますが、どの商品も私が第一に考えているのは「自分が消費者の立場で、この製品をこのお金を払って購入するのか?」です。ショッピングモールが成功するには、ずっと顧客の信頼を確保するのが重要ですが、その第一が製品の品質だと思います。なので長所だけ強調するよりは、短所も隠さず伝えようとしています。おかげで最近は信頼して買うという“ミッジウ”という異名も、お客様につけていただいたんですが、そのような反応を見る時が一番嬉しいです。

――今年8月にアイウェアブランド「ファンダメンタル」もローンチしました。休む暇もなく働いているようですね。

チョン・ジウ:ワーカホリックということにすごく同感します。しかし、私は体を動かさなければならないタイプですし、むしろ仕事をしなければ、一種の喪失感に陥りやすいと思います。私の幸福指数は、仕事を一生懸命に頑張った時に感じる達成感から来るものだと思っています。今のような適度の緊張感と忙しい日常が、かえって私の人生に原動力となるので、最近はメンタルケアに注意しています。体が健康なのも重要ですが、メンタルがしっかりしていてこそ、どんなことも上手にやることができます。元気に長く仕事をしていきたいです。

――製品を企画する時に、どのような部分を最も気をつけますか?

チョン・ジウ:実用性です。もちろん、デザインも重要ですが、衣類もそうですし、特にメガネのような場合は、顔に乗せられて一日中かけている製品であるので、毎日かけても不便じゃないほどのつけ心地が最も重要です。だから実用性に重点を置いて製品を設計した上で、デザインを考慮して製品を完成させます。

――他のカテゴリのブランドのローンチも念頭に置いているんですか?

チョン・ジウ:今は他のものに目を向ける余裕がありません。今、運営しているメーカーをより一層活性化させるのが、今最も重点を置いている部分です。しかし、将来カテゴリーを拡張することになったら、“ジュエリー”ラインを念頭に置いています。私たちのショッピングモールは衣類が中心ですが、アクセサリーのカテゴリーもすごく人気がある方で、全体の売上の40%を超えるくらいです。なので、一緒にやったら相乗効果を生み出せると思っています。

――ブランドの運営時に、最も重要に考えている部分は何ですか?

チョン・ジウ:第1は消費者で、第2は従業員です。事業であるので、当然消費者が優先ですが、従業員たちを除いては語れません。一生懸命に働いている従業員たちのおかげで、私がこのようにグラビアの撮影に来られるので。従業員たちが頑張れば会社が大きくなるし、従業員たちが私と同じ気持ちで臨んでくれたら、消費者の購買率も自然についてきます。だから従業員たちの不便な点を改善してあげようとしていて、個人面談もするなど、従業員に気を使おうと努力しています。

―― チョン・ジウは、どんな代表ですか?

チョン・ジウ:私はミスに少し敏感な方です。繰り返されるミスは、実力だとしか思えないので。なので従業員たちの間違った部分ははっきりと訂正して、自分で間違った部分を直してミスを繰り返さないようにしようとします。しかし、誉める時は確実に褒めます。それから従業員を束縛しないように常に努力しています。自由な雰囲気の中から斬新なアイデアが出るくるものですから。なので部署に関係なく、様々な従業員と率直に意見を出し合う雰囲気を作るために努力しています。

―― 最近起きたことの中で、最も興味あることは何ですか?

チョン・ジウ:衣類ショッピングモール、アイウェアブランドもそうですし、内部カテゴリーだけで運営するのではなく、様々なブランドとのコラボで、顧客に新鮮に思っていただける企画をたくさんしてみたいという欲があります。近いうちに本当に面白いコラボコレクションがリリースされる予定でもあるので、楽しみにしています。

――先日、結婚のニュースを知らせましたね。夢見ていた結婚生活はありますか?

チョン・ジウ:私も彼もそうですが、自身の仕事を非常に重視する人です。好みが本当に似ていて、お互いに干渉もしません。デートも1週間に一度するぐらいです。お互いの領域を尊重する人なので、結婚しても今とあまり変わらないと思いますし、それを1番望んでいます。

――チョン・ジウを最もチョン・ジウらしくするものは何ですか?

チョン・ジウ:家族です。私は両親をはじめ、弟とも率直に心の中を打ち明けて話す方です。本当にたくさん話すので、仕事で受けるストレスを家族との時間で解消したり、力をたくさん得たりしています。家族がいなかったら、こんなに一生懸命に働くチョン・ジウは、存在しなかったと思います。

・BTS(防弾少年団) J-HOPEの実姉、来秋の結婚を報告…世界中から祝福のメッセージが殺到

記者 : エディタ : チャン・ジェヨン、インタビュー : イ・ミンギョン