Red Velvet、デビュー曲「Happiness」のMVが再生回数1億回を突破!抜群の人気を証明

OSEN |

写真=SMエンターテインメント

Red Velvetのミュージックビデオが、もう一度再生回数1億回を突破した。

彼女たちの「Happiness」のミュージックビデオが再生回数1億回を突破した。これはRed Velvetのデビュー曲であるだけに特別な意味がある。

「Happiness」のミュージックビデオは、2日の夜11時55分頃、YouTube基準再生回数1億回を記録した。2014年8月3日に発売され、6年4ヶ月ぶりとなる。

この曲は、強烈なシンセサウンドとアフリカン風のトライバルビートが合わさったアーバンユーロポップジャンルである。ラップと歌を行き来するボーカルと多様に変化する楽曲の構成が、聴く楽しさを倍増させる。

歌詞の中には日常で感じる小さな幸せを通じて力を得て、自身をもっと愛するようになるという肯定的なストーリーを盛り込んでおり、Red Velvetの魅力的なパフォーマンスが加わえられた。

特にミュージックビデオは「Happiness」が躍動感あふれる楽曲であるだけに、Red Velvetのメンバーたちの魅力と多彩な姿を、ダイナミックで感覚的な映像で表現した。

また、実写とアニメが結合された映像で見る楽しさを倍増させるモーショングラフィック、華やかなカラーや立体感が際立つコラージュなど映像手法を活用し、新鮮で想像的な構成と差別化された映像に出会うことができる。これに後押しされ「Happiness」のミュージックビデオは、多くのグローバルファンたちによって着実に再生回数を伸ばし、愛されてきた。

これでRed Velvetは、9本目の再生回数1億回以上のミュージックビデオを保有することになった。彼女たちは「Bad Boy」「Psycho」のミュージックビデオで再生回数2億回を達成し、「Peek-A-Boo」は1億8千回で2億回の突破を目前に控えている。そして「Russian Roulette」「Dumb Dumb」「Red Flavor」「Ice Cream Cake」「Power Up」のミュージックビデオは1億回を突破した。

記者 : キム・ウネ