ポン・ジュノ監督&BTS(防弾少年団)ら、CJ ENMが選定した今年の人物に!

Newsen |

写真=CJ ENM
ポン・ジュノ、BTS(防弾少年団)らが今年の人物に選ばれた。

本日(3日)、CJ ENMはここ1年間、韓国の大衆文化業界で優れた業績を挙げ、世界中の人々にインスピレーションを与えた10人を「2020 Visionary」に選定したと発表した。

CJ ENMは放送、映画、音楽、公演など韓国大衆文化の全分野で活躍したアーティストとクリエイターを対象に文化評論家および業界トレンド専門家の推薦とビッグデータ分析を通じて、昨年1年間エンターテインメント業界の変化とイノベーションを主導した10人を選定し、「先見者」という意味の「ビジョナリー(Visionary)」と命名した。今後、自社のチャンネルのキャンペーン映像など様々なプロモーションを通じて、「2020 Visionary」に選ばれた10人の業績やインサイトなどを取り上げる予定だ。

今年初めて発表された「Visionary」には、脚本家のキム・ウニ、プロデューサーのキム・テホ、脚本家のパク・ジウン、BTS、映画監督のポン・ジュノ、BLACKPINK、RAIN(ピ)、ソン・ガンホ、プロデューサーのシン・ウォンホ、タレントのユ・ジェソクが選ばれた。

2020年はパンデミックで全ての産業が低成長の危機に瀕しているが、韓国の大衆文化は世界のメインストリームに浮上し、未来へのビジョンを示した記念碑的な年でもある。CJ ENMはアジアを代表するグローバルエンターテインメント企業として、韓国の文化を世界に知らせることに先頭に立った象徴的な人物の成果をもう一度取り上げ、これを通じて今後の方向性を示すため「Visionary」を選定した。

「2020 Visionary」に選ばれた10人は単に話題性を超え、それぞれの分野で優れた業績を挙げ、業界トレンドをリードしたと評価されている。

まず「応答せよ」シリーズでケーブルドラマの地位を高めたシン・ウォンホプロデューサーは、潜在力のある俳優のキャスティング、ヒューマンドラマジャンルなど人気作のクリシェとは異なる要素を強みとして活用し、「賢い監房生活」「賢い医師生活」まで連続ヒットさせたという点で高く評価された。

「無限に挑戦」時代からサブカルチャーの普及に取り組んできたキム・テホプロデューサーは、ボンケ(本来のキャラクター)とブケ( 付加的なキャラクターの略語で、もとのキャラクターではない違うキャラクター)ブームを巻き起こし、バラエティ番組の限界のない拡張性を見せた。ユ・ジェソクは「遊ぶなら何する?」で毎回新しいキャラクターを行き来する活躍はもちろん、「You quiz on the block」を通じて共感と連帯の力を確認させた万能エンターテイナーでもう一度存在感を発揮した。

南北分断という特殊な状況を恋愛模様とともに描き、日本で4回目の韓流ブームを巻き起こした主役で、全世界にK-ドラマブームを巻き起こした「愛の不時着」を書いた脚本家パク・ジウンと、最も韓国的なゾンビ物でグローバルなジャンルを作り出した「キングダム」のキム・ウニ脚本家も選ばれた。

ポン・ジュノ監督は昨年のカンヌ映画祭に続き、今年も「パラサイト 半地下の家族」でアカデミー賞を総なめにして韓国映画の可能性を見せた。作品性と大衆性を同時に認められた多数の作品に出演した俳優ソン・ガンホは、「パラサイト 半地下の家族」で「第45回LA批評家協会賞」助演男優賞、「第26回米国俳優組合賞」アンサンブル賞を受賞し、ハリウッドでも演技力を認められた。

ビルボードチャートを席巻し、世界観を活用したコンテンツでK-POPの拡張した力を見せつけたBTSをはじめ、BLACKPINKは全世界のファンをベースにゲーム、ソーシャルアバターなどMZ世代向けのコンテンツを素早く展開している。RAINは自身の曲「GANG」がデジタル遊び文化「ミーム(meme)」として再解釈されることをポジティブに受け入れ、これを人々とのコミュニケーションの窓口として活用し、反響を呼んだ。

CJ ENMマーケティング&コマース担当のシ・ヨンジェは「『Visionary』は大変な時期ほど自身だけの言葉で人々を慰め、未来を考え、新しい方向性を示する存在」とし「今回の選定は時代の精神に共感し、未来を模索するエンターテインメントカンパニーとしての役割を果たすためのもので、グローバルエンターテインメント業界における『タイム誌100人』の名声に匹敵する象徴的な発表となるよう、CJ ENMのすべての資源を活用して彼らにスポットライトを当てる」と伝えた。

CJ ENMは今年を皮切りに、毎年末「Visionary」とその選定基準となるエンターテインメントストリームの核心キーワードを発表する計画だ。今回発表された10人とエンターテインメントストリームキーノートは、6日にオンラインで開かれるアジア最高の音楽授賞式「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)特別セクションを通じて、ホストのソン・ジュンギによって紹介される。

記者 : イ・ミンジ