STAYC、PCR検査の結果は陰性…事務所がコメント「12月2日から活動再開する」

Newsen |

写真=STAYCの公式Twitter
STAYCが12月2日から活動を再開する。

11月30日、所属事務所の公式Twitterを通じて「11月29日のSBS『人気歌謡』の出演者のうち、新型コロナウイルス感染者が発生し、STAYC及びスタッフ全員はPCR検査を行い、その結果を待っている。これにより、12月1日まで予定されていたすべてのスケジュールはキャンセルとなった。ファンの皆さんにはご了承のほどよろしくお願いする」という投稿を掲載した。

続けて本日(1日)、「STAYCとスタッフがPCR検査を受けて、全員が陰性判定を受けた」と伝えた。

また「2日から予定されていた活動を正常に再開する予定だ」とし「今後も新型コロナウイルスの防疫指針を遵守し、安全のために最善を尽くす」と付け加えた。

これに先立ってUP10TIONのビトは11月30日、PCR検査で陽性判定を受けた。これでUP10TIONと共に音楽番組に出演した歌手のうち、BTOB 4U、Stray Kids、NCT、aespa、IZ*ONE、STAYC、「SIXTEEN」出身のNATTY、NORAZO、X1出身のチョ・スンヨン(WOODZ)、AKMU、TREASUREなどがPCR検査を受けたと明かした。

記者 : イ・イェジ