リュ・ウィヒョン、ドラマ「月が浮かぶ川」に出演決定!時代劇に初挑戦…おっちょこちょいな性格の義理深いキャラクター

Newsen |

写真=WAYZ COMPANY
俳優のリュ・ウィヒョンが「月が浮かぶ川」に合流する。

30日、リュ・ウィヒョンが所属するWAYZ COMPANYは「リュ・ウィヒョンがKBS 2TV新ドラマ『月が浮かぶ川』のタラサン役にキャスティングされた。時代劇に初挑戦するため、楽しみにしてほしい」と伝えた。

「月が浮かぶ川」は太王を目指してオンダル(ジス)の心を利用したピョンガン(キム・ソヒョン)と、犠牲になったオンダルの切ないラブストーリーを描いた作品で、三国史記に記録された高句麗説話をもとに、ピョンガンとオンダルの大叙事詩を名時代劇として再現する予定だ。

リュ・ウィヒョンは累積再生回数4億8000万回を突破したPLAYLISTのデジタルドラマ「A-TEEN」シーズン1、2でツンデレのチャ・ギヒョンに扮した。

リュ・ウィヒョンは、今回「月が浮かぶ川」の中のピョンガン、ヨム・ガジン(キム・ソヒョン)の親友で、口数が多くて情もあるが、おっちょこちょいな性格の義理深い男タラサン役を演じる。タラサンは高句麗に捨てられた人々が集まって住むトリムヒャンで、双子の妹タラジンと一緒に生活する人物だ。

リュ・ウィヒョンは武術と弓技に長けた人物を演じるためアクションスクールに通いながら様々な動作と姿勢などを学び、トレーニングに力を入れているという。初の時代劇であるため、徹底した準備と努力をしているという。

リュ・ウィヒョンは最近、ウェブドラマ「二人の宇宙」の主人公に抜擢され、精力的に活動を続けている。

記者 : パク・アルム