BTS(防弾少年団)、ニューアルバム「BE」が米「ビルボード200」で1位に!5作連続の快挙…2020年で唯一のグループに

MYDAILY |

写真=Big Hitエンターテインメント
BTS(防弾少年団)がニューアルバム「BE(Deluxe Edition)」で米ビルボードの最新チャート(12月5日付)「ビルボード200」で1位を記録した。

ビルボードは29日(現地時間)、公式ホームページに「BTS、『BE』で『ビルボード200』チャートで5度目の1位を達成」というタイトルの記事を掲載し、BTSが「ビルボード200」で1位を獲得したニュースを伝えた。

「BE」はチャートインした第1週目に「ビルボード200」で1位を獲得した。ビルボードは、ニールセン・ミュージック/MRCデータを引用して「11月20日にリリースしたBTSのニューアルバム『BE』は、3月7日付の『ビルボード200』チャートで1位としてチャートインした『MAP OF THE SOUL : 7』に続いて、今年2度目の『ビルボード200』1位を獲得した」と伝えた。

ビルボードによると、BTSは2020年、2枚のアルバムで「ビルボード200」チャートで1位を記録した唯一のグループで、ビートルズ以来最も短い期間で5枚のアルバムが「ビルボード200」で1位を記録したグループだ。

続いて「『BE』は非英語圏アルバム中、通算11度目の1位を記録したが、11枚のアルバム中、5枚がBTSのアルバムだ」と説明した。

「ビルボード200」チャートは同一のアルバム単位で測定した消費量を基準に、アルバムの売上を始めダウンロードとストリーミング数などを合算してアメリカで1週間の間、最も人気のあるアルバムのランキングをつける。BTSが「BE」で「ビルボード200」1位を記録した最新チャートは、12月1日にビルボードホームページに掲載される予定だ。

「BE」は始めから終わりまでBTSが手掛けた“たった1つ”のアルバムで、新型コロナウイルスにより疲れた人々に向かって送る癒しのメッセージを盛り込んだ。7人のメンバーたちは作詞・作曲を始め、各分野別に総括担当者を決定し、アルバムの方向を決める企画段階からアルバムのデザインと構成、コンセプトフォトとクリップ、ジャケット、ミュージックビデオに至るまでアルバムの全体作業に参加した。

・BTS(防弾少年団)、新曲「Life Goes On」モノクロ写真バージョンのMVを公開

・BTS(防弾少年団)、番組に出演することなく「人気歌謡」で1位獲得!CNBLUE&NCT Uらのカムバックステージも

記者 : パク・ユンジン