少女時代 ソヒョン、ドラマ「私生活」放送終了の感想を語る“全ての瞬間が忘れられない思い出”

MYDAILY |

写真=NAMOO ACTORS
JTBCの水木ドラマ「私生活」に出演した少女時代のソヒョンが、格別な愛情が感じられる心境を伝えた。

「私生活」は今月26日、第16話を最後に幕を下ろした。劇中ソヒョンは、詐欺のDNAを受け継いだ詐欺師チャ・ジュウン役を演じて、緊張感溢れる展開を引っ張っていった。

一瞬でも目を離せない事件の中で、彼女は中心を守った。キャラクターの多彩な姿を自然に表現し、自身が持っている力量を存分に発揮した。劇の前半には一度見たら簡単に忘れることはできない強烈なビジュアルで登場し、新たな変身を図ってストーリーへ緊張感を与えた。

回を重ねるほど、彼女の繊細な演技が光を放った。愛する夫を失い嗚咽するシーンでは視聴者の涙腺を刺激した一方、その後夫の事故の真実を暴くために迷わず敵に向かう強靭な姿まで披露して、関心を高めた。

その結果、ソヒョンはドラマを引っ張る主役として、今後が期待される女優として多くの人々に認められた。キャラクターの感情の幅が大きかったが、彼女はこのような点を細密にキャッチしたのはもちろん、爆発する感情と細かい変化までを逃さずに表現する熱演で、作品に豊かさを加えた。

自身ならではのキャラクターを構築したソヒョンは、所属事務所であるNAMOO ACTORSを通じて長い間一緒に苦労した「私生活」と、チャ・ジュウン役を離れる心境を伝えた。彼女は「約6ヶ月間、チャ・ジュウンとして生きてきたが、最後という事が今でも実感できない」と話した。

続いて「素敵なスタッフ、俳優の方々と共にすることができ、私の人生の中で本当に光栄な時間だった。『私生活』と共にしたすべての瞬間が、私にとって忘れられない思い出になると思う」とドラマへの愛情を示した。最後に彼女は「これまで『私生活』とチャ・ジュウンを愛してくださったすべての方々に心より感謝する」と伝えた。

視聴者に強烈な印象を与えたソヒョン。安定的な演技と抜群のキャラクター表現力を証明しただけに、今後ソヒョンが見せるまた新しい姿にも期待が高まっている。

記者 : チョン・ジヒョン