ユ・ヨンソク&イ・ヨニ&キム・ガンウ&少女時代 スヨンら出演、映画「新年前夜」スチールカットを公開

MYDAILY |

写真=Acemaker Movie Works
映画「新年前夜」(監督:ホン・ジヨン)が13枚のスチールカットを公開した。

「新年前夜」は、人生のオフシーズンを終えて新年にはもっと幸せになりたい4組のカップルの恐怖とトキメキ溢れる1週間を描いた作品だ。新年を控えている4組のカップルの多様な状況と感情を垣間見ることができる13枚のスチールカットが公開されて話題を集めている。

今回に公開した「新年前夜」のスチールカットは、4組のカップルの魅力をアピールする同時に、多彩な物語を盛り込んでいて視線を引き付ける。ウェーブヘアに制服を着て民願室に座っている刑事のジホ(キム・ガンウ)と、リハビリトレーナーとしてプロフェッショナルな姿を見せているヒョヨン(ユ・インナ)の姿は、全く似合わない2人の正反対の姿を通じて、これから繰り広げられるストーリーへの好奇心を刺激している。

明るい笑顔のジェホン(ユ・ヨンソク)と観光案内の本を見ているジナ(イ・ヨニ)の姿を盛り込んだスチールは、地球反対側のアルゼンチンで会うことになる彼らの話への期待を高める。特に、燃える夕焼けを背景におしゃれをしたジナとジェホンが一緒にワインを飲むシーンは、エキゾチックな風景に対する期待感を高める。ここに結婚を控えている国際カップルのヨンチャン(イ・ドンフィ)とヤオリン(チェン・ドゥリン、陳都霊)の幸せなデート現場から、呆然とする表情で座っているヨンチャン、言語の壁を超えて交感するヤオリンとヨンミ(ヨム・へラン)のスチールは、文化的違いを乗り越えて新しい家族になっていく姿が垣間見え、暖かさを届ける。

最後にお互いに送る眼差しだけでも長年のカップルの信頼と愛が感じられるオウォル(少女時代のスヨン)、レファン(ユ・テオ)のカップルの姿が盛り込まれたスチールカットとは反対に、レファンの治療室の外に立って考え込んでいるオウォル、スキー場で誰かと話し合っているレファンの姿が盛り込まれたスチールカットは、彼らの間で問題が発生したことを暗示して緊張感を漂う。

個性溢れる4組のカップルの物語が際立つ13枚のスチールカットを公開した映画「新年前夜」は、韓国で12月に公開される予定だ。

記者 : イ・イェウン