カン・ハヌル&キム・ソヒョン主演、ドラマ「月が浮かぶ川」で濃厚接触者が発生…撮影が中断も“放送日程には支障がない”

OSEN |

写真=TH COMPANY、E&T Storyエンターテインメント
カン・ハヌルとキム・ソヒョンが主演を務める「月が浮かぶ川」の出演者が新型コロナウイルス感染者と密接に接触したことが分かり、精密検査を受けた。

本日(23日)、ドラマ「月が浮かぶ川」の関係者は、OSENを通じて「この出演者は無症状だったが、現場で撮影していたところ、『濃厚接触者に分類されたため、近くの保健所で検査を受けてほしい』というメッセージを受けた」とし「幸い、そのメッセージを見るやいなや制作陣に伝え、監督が結果が出るまで撮影を中止すると言った」と明らかにした。

続けて「濃厚接触者なので診断キットではなく、昨日に精密検査を受けた。正確な結果は明日出るそうだ。その日、主演俳優たちは現場におらず、エキストラと一緒のシーンを撮影した」と語った。

また「19日から本日まで撮影がない状況で、結果だけを待っている」とし「すでに相当部分の撮影が行われており、放送の日程には支障がないと言われた。心配しなくていいと思う」と付け加えた。

それと共に「月が浮かぶ川」の隣のセット場で撮影を行ったOCN新土日ドラマ「驚異的な噂」は万が一に備え、この日に予定されていた制作発表会を急遽キャンセルした。

「月が浮かぶ川」は太王を目指してオンダルの心を利用したピョンガンと、犠牲になったオンダルの切ないラブストーリーを描いた作品だ。カン・ハヌルとキム・ソヒョンの他にもジス、イ・ジフン、チェ・ユファなどが出演し、韓国で来年放送される予定だ。

・カン・ハヌル&キム・ソヒョン&ジスら、新ドラマ「月が浮かぶ川」に出演決定!

・カン・ハヌル、新ドラマ「月が浮かぶ川」にキャスティング…ドラマの序盤を牽引する重要な役

記者 : ハ・スジョン