BTS(防弾少年団)「アメリカン・ミュージック・アワード」で「フェイバリットデュオ/グループ」部門を受賞…ファンに感謝の挨拶も

MYDAILY |

写真=ABC「アメリカン・ミュージック・アワード」放送画面キャプチャー
BTS(防弾少年団)が「アメリカン・ミュージック・アワード(2020 American Music Awards)」で受賞した。

BTSは23日午前9時(韓国時間)、米・ロサンゼルスで開催された「アメリカン・ミュージック・アワード」でポップ/ロック(Pop/Rock)ジャンルの「フェイバリットデュオ/グループ(Favorite Duo/Group)」部門を受賞した。

この日、BTSは画面を通じて受賞の感想を伝えた。メンバーたちは1番最初に「ARMY(BTSのファン)に感謝している」と感謝の挨拶を伝え、ニューアルバムについて紹介した。

BTSはポップ/ロックジャンルの「フェイバリットデュオ/グループ」と「フェイバリット・ソーシャル・アーティスト(Favorite Social Artist)」の2部門にノミネートされた。この中で予想通り1番目の賞を受賞した。

タイトル曲「Life Goes On」は、感性的なアコースティックギターサウンドが印象的な、オルタナティヴヒップホップジャンルの楽曲だ。“一生懸命に走ってきたが立ち止まるしかない状況”に直面した人々に「それでも人生は続く」という癒しを与える曲だ。

「アメリカン・ミュージック・アワード」は「グラミー賞」「ビルボード・ミュージック・アワード(Billboard Music Awards, BBMAs)」「MTVミュージック・アワード」などと共に、権威ある授賞式だ。今年はBTSを始めドージャ・キャット、The Weeknd、ケイティ・ペリー、ジャスティン・ビーバー、デュア・リパなどポップスターたちが出演する。

記者 : ミョン・ヒスク