ソン・ユナ、ドラマ撮影中に負傷…衝撃のバイク事故を告白「体が動かなかった…死ぬかもしれないと思った」

MYDAILY |

写真=MBN「もっと食べて行って」
女優のソン・ユナが「もっと食べて行って」を通じて、6年前の腰の負傷による試練を告白する。

韓国で22日の午後9時20分に放送される総合編成チャンネルMBN「もっと食べて行って」第3回では、ソン・ユナが“イムカンファンハウス”を訪問し、イム・ジホ、カン・ホドン、ファン・ジェソンと温かいご飯を一緒に食べる。

この日ソン・ユナは、イム・ジホと食事の準備を一緒にしていた中、予期しなかった大事故の話を打ち明ける。彼女は「6年前のドラマ撮影時、バイクに乗るシーンを撮っていたところ、道路に落ちてしまったが、体が動かなかった。反対側に車が来ていて、死ぬかもしれないと思った」と当時を思い出した。

続いて「スタッフ数人が私の体を道路の外に引っ張り助けてくれたが、応急処置の後に歩くことができなかった。その時治療をすべきだったのに、撮影中だったのでできなかった」とつけ加えた。

ソン・ユナの話を聞いたイム・ジホは「試練が多いあなたを励ましてあげたい」と、本格的な気力回復料理に突入する。米を半分だけ固めて作った生地をはじめ、アヒルのすべての部位を調理した温かい健康ご飯でもてなし、感動を呼んだという。夜ご飯を一緒に食べた後ソン・ユナは、「作品が終わった後、俳優とスタッフたちに食事をもてなそうという意味で、家にお客さんを招待し始めた。一度に20人来ても大丈夫だ」と明かした。特に彼女は、ソン・イェジンを最初のゲストとして招待し、戦々恐々としたエピソードも公開する。

制作陣は「ソン・ユナと縁があるイム・ジホシェフが、これまでよりさらに心を尽くした食卓を準備し、深い幸せと励ましを与えた。バイク事故のエピソードに続いて、すべてを集中させたソン・ユナの痛みの告白をはじめ、美しいピアノの旋律で満たされた小さな音楽会まで、第3回に期待してほしい」と伝えた。

・ソン・ユナ、ソン・ヘギョからのケータリングカーに感謝「こんなサプライズとは…」

・【PHOTO】キム・デミョン&ソン・ユナ&キム・ウィソンら、映画「石ころ」マスコミ試写会に出席

記者 : ヤン・ユジン