ジュンス、オンラインコンサート「Pit A Pat」を開催…パワフルなダンスパフォーマンスを披露

Newsen |

写真=C-JeSエンターテインメント
JYJのジュンスが完璧なライブで“オンラインコンサート”の限界を越えた。

所属事務所のC-JeSエンターテインメントは22日、「ジュンスが21日の午後6時、ミニアルバムの発売を記念するオンラインコンサート『2020 XIA ONLINE CONCERT Pit A Pat』で世界のファンとコミュニケーションをとった。ジュンスは非対面コンサートの限界を超えたパワフルなダンスパフォーマンスで観客の5感を満足させ、部屋の中でも実際の公演を見ているような特別な感覚を与えた」と明かした。


公演中「それぞれの場所で思う存分歌い、歓声を送ってほしい」と伝えたジュンスは、「Tarantallegra」で抜群の実力をアピールしながらオンラインコンサートの華やかな幕を開けた。新型コロナウィルス感染拡大によってファンとの対面が難しくなり、オンラインで行われた今回のコンサートは、“自分の部屋で楽しめる音楽番組”を連想させる公演で観客を楽しませた。

チャットにはリアルタイムで公演を見ているファンからの歓声が相次ぎ、ジュンスは「2020 XIA オンラインコンサート『Pit A Pat』に来てくれたみなさんを心から歓迎します。今までは、最初の曲を披露すると同時に会場にファンの大きな歓声が響いていましたが、今はそれが聞こえないので気まずいです。みなさんの声を直接聞くことはできませんが、僕らが会場で一緒に楽しんだあの瞬間を思い出しながら公演を見て、それぞれの場所で大きく歓声を送ってくれていると思いながら公演を進めてみます」と非対面コンサートに対する残念な気持ちを伝えた。

続いてジュンスは「X Song」から「Turn it up」など、パフォーマンスが際立つダンス曲と「必ず昨日」「愛は雪花のように」などの長い間着実に愛され続けているバラードも披露した。さらには、彼がオンラインコンサートだけのために新しく編曲した「UNCOMMITTED」のリミックスバージョンも公開され、ファンを熱狂させた。

特に最近発売されたウェブ漫画「正しい恋愛の道しるべ」とのコラボ曲を公開「恋したくない」と、10日に発売された2ndミニアルバム「Pit A Pat」に収録されている新曲も披露した。バラード曲「最近」と「君を書く」でみんな観客の心をしっとりとした雰囲気にしたジュンスは、強烈なダンスタイトル曲「Pit A Pat」で観客に明るいエネルギーを伝えた。

公演が後半に近づくとジュンスは「オンラインコンサートを通じて皆さんに会えるということは嬉しくもありますが、一方では同じ空間で一緒に息をしながら音楽を楽しむことができないので残念です。でも今はそれぞれの場所で僕のステージを思う存分楽しんでほしいです。そして我々が同じ空間で公演を楽しみ、感じていたその時に戻ることを願っています。本当にありがとうございます」と、感謝を伝えた。

最後のステージを披露した後、ジュンスの姿がステージから消えると、チャットには彼の名前とアンコールを求めるコメントが相次いだ。ファンの声援に答えるようにジュンスは「さくらんぼ」を歌いながらステージに登場し、最後まで観客とコミュニケーションをとりながら約2時間30分間、ファンに特別な時間をプレゼントした。

記者 : ファン・ヘジン