BAE173、1stミニアルバム「INTERSECTION:SPARK」の収録曲に込めた想いを語る“自慢したくない部分がない”

OSEN |

写真=BAE173ショーケース映像キャプチャー
新人ボーイズグループBAE173が初のショーケースで優れた歌とダンス、ビジュアルを披露し、視線を奪った。

19日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」を通じてBAE173のデビューショーケースが生中継された。

BAE173は、Mnet「PRODUCEX101」でデビューしたX1出身のイ・ハンギョル、ナム・ドヒョンが所属する9人組のボーイズグループで、この日1stミニアルバム「INTERSECTION:SPARK」で正式デビューした。タイトル曲「Crush on U」は、ニュージャックスイング基盤のアップテンポR&B曲でクセになるメロディーが特徴だ。新人らしい覇気と清涼感あふれるエネルギーが感じられる楽曲だ。

1stミニアルバム「INTERSECTION:SPARK」は「交差点、交差する」という意味の「INTERSECTION」と「火花」「スパーク」という意味の「SPARK」で、様々な魅力を持つ9人が出会い、相乗効果を発揮して、無限の可能性と実力で最高の音楽を作っていくという抱負を込めたアルバムだ。

グループ名は、“誰よりも先に” “私の愛、ハニー” “最愛”を意味する「Before Anyone Else」の略字「BAE」と完璧さを意味する数字「1」、幸運の数字「73」で、ファンにとって最も完璧で1番のグループになるという抱負と、無限の可能性と実力で最愛のアイドルになるという意味が込められている。

イ・ハンギョルはアルバムの1番自慢したい部分について「自慢したくない部分がない」とし、全ての部分を一生懸命に準備したと自信をのぞかせた。

メンバーらはアルバムに収録された曲について1つずつ言及した。最初の曲「prelude:with me」についてナム・ドヒョンは「スタートを知らせる曲」と話した。続けて「僕たちの話を盛り込んだ。ファンの皆さんに向かって走るストーリーを歌詞に込めた」と語った。イ・ハンギョルは「ファンの皆さんに会うため走ってきた楽曲」と明らかにした。

ドハは「初めてこの曲をもらった時、速いビートに面白い要素まで加わって『よし』と思った」と話した。

イ・ハンギョルは「レコーディングする時、楽な雰囲気でできた。作曲家さんも僕たちを楽にしてくださったし、『上手くやれば牛肉をおごる」とおっしゃってくれた。近いうちに牛肉を食べに行こうと思う」と笑った。

2曲目はタイトル曲の「Crush on U」。ジェイミンは「愛という感情に慣れていない9人の少年たちが『愛なんて信じない』と虚勢を張ったけれど、運命の相手に出会ってハマッていく過程を面白く表現した」と楽曲を紹介した。

イ・ハンギョルは「ミュージックビデオを撮る時、面白い撮影があった。遊びながら撮影するシーンがあって、1人ずつトランポリンをしたのだが、とても楽しそうに見えた。トランポリンの上でジャンプしたことが1番記憶に残っている」と話した。

ナム・ドヒョンは「完成したミュージックビデオを見たら、トランポリンのシーンにはドハだけが出ていた。僕たち全員出てくると思ったのに、全部ドハだった」と残念な気持ちを伝えた。

3番目の曲は「Fly」で、ユジュンは「夢を叶えるまでの多くの挫折や情熱など、メンバーたちのエッセイのような曲だ」と言った。

ナム・ドヒョンは「明るくてエネルギッシュでポジティブな歌詞が多い。希望的な歌詞のおかげで、純粋な気持ちで前向きな気持ちを込めて明るくレコーディングした」とし、「ここで僕がレコーディングしたラップパートがあるけれど、ディレクティングするときに『もっとホットにしなさい』と言われた。その部分を聞いたら面白いと思う」と話した。イ・ハンギョルは「そうでなくてもドヒョンがレコーディングを終えて出た時、その中が熱くてチムジルバン(韓国式サウナ)かと思った」と笑った。

4番目の曲「I'll never say」が出た時は、「愛とは何だと思う?」という質問が続いた。

イ・ハンギョルは「僕はドヒョンがチキンを見る時の気分」と言い、他のメンバーは「それが本当のラブ」と共感した。

ジェイミンは「僕にとって愛は、活動したり練習するときにファンを見ながら力を得ること」と付け加えた。

5番目はファンのためのファンソング「It's All You」で、作詞にナム・ドヒョンが参加した。ナム・ドヒョンは「ファンソングという話を聞いて作業した。ただ正直にファンの方々、そしてありがたいと思う人々を考えながら感謝の気持ちを込めた。普段は照れくさくて言えないことを、心を全部開いて書いた。言わない真心が込められた楽曲」と話した。

最も自信のある体のパーツについての質問が出ると、イ・ハンギョルは「ファンの皆さんは知っている。鎖骨がカッコいい」と強調した。ナム・ドヒョンは顔に両手を当て、長くきれいな手を自慢した。これに対し、イ・ハンギョルは「ドヒョンの手がとてもきれい」と話した。この他にもBAE173はメンバー別にラップとダンス、そして愛嬌まで様々な魅力をファンにアピールし、今後の活動への期待を高めた。

記者 : ハ・スジョン