故チェ・ジンシルさんの息子Z.flat、デビュー曲「Designer」予告映像を公開

MYDAILY |

写真=ROSCHILD
“故チェ・ジンシルさんの息子”ではなく、歌手としてのZ.flat(チェ・ファニ)は、母から受け継いた芸能人としてのセンスに、音楽的才能まで備えたアーティストである。

19日午後6時、Z.flatがデビューシングルである自作曲「Designer」の予告映像を公開した。予告映像の中でZ.flatは、自然な表情とジェスチャー、自信あふれる眼差しを披露し、注目を集めた。

特に注目すべきは音楽だ。Z.flatのプロデューサーとしての才能を垣間見ることができる。軽快なシンセサウンドとプラックサウンド、中毒性溢れるメロディが耳を引き付ける。

Z.flatは「Designer」について「原曲はピアノベースに単純なドラムラインを加えた叙情的なメロディだった。ただ、歌手としてのスタートにしては少し重い雰囲気だったので、明るくて軽快な雰囲気にするためにシンセとポンポン弾けるプラックサウンドを入れた」と説明した。

自ら作詞を手掛けた歌詞も印象的だ。「恋人である男女がお互いを含めてより広くこの世界を作っていこう」というメッセージが込められている。「I'm your designer/僕は君をdesignする/君の頭の天辺から足の爪先までgetting tired /I'm your designer /君の体にsignする/君の小さな息吹一つまでも」など、簡潔で明確な表現力が際立った。

Z.flatは「お互いを変えたいと思う男女のすれ違った観点からインスピレーションを受けて歌詞を書き始めた。基本的なベースは、お互い異なる男女のラブストーリーだ。しかし、全体的なメッセージは“世の中を作っていこう”という話だ」と説明した。

Z.flatはシンプルな重低音のボイスで同曲を歌いこなし、女性ボーカルHONDAMの優しくて心地よい声とも調和をなしている。予告映像の雰囲気は、ビビッドなカラー変換と洗練されたモーショングラフィックスシーケンスが目を引く。歌手として第一歩を踏み出すZ.flatのフレッシュな雰囲気ともピッタリだ。

ROSCHILDの代表Robbinは「Z.flatは音楽的才能だけではなく、ビジュアルと実力まで格別なアーティストだ。ポピュラーなヒップホップジャンルの曲で、リスナーたちにより親しみを持っていただくために努力した。より幅広い音楽を期待してほしい」と語った。

Z.flatのデビューシングル「Designer」は本日(20日)午後6時、各音楽配信サイトを通じて公開される。以後Z.flatはまた別のシングルプロジェクトを披露、来年はソロアルバムの発売も計画している。

記者 : パク・ユンジン