「女神降臨」ASTRO チャ・ウヌ“ムン・ガヨン&ファン・インヨプとの相性抜群…期待して欲しい”

TVREPORT |

写真=tvN
tvN新水木ドラマ「女神降臨」に出演するASTRO チャ・ウヌが、ムン・ガヨン、ファン・インヨプと息ぴったりの相性を予告し、期待を高めた。

ドラマ「女神降臨」は、外見にコンプレックスを持っているが、化粧を通じて女神に変身するジュギョンと、人知れぬ心の傷を抱えているスホが出会い、お互いの秘密を共有して成長していく“プライド回復ラブコメディー”だ。同名の人気ウェブ漫画を原作に、「偶然見つけたハル」で感覚的な演出を認められたキム・サンヒョプ監督が演出を務め、熱血ファンを中心に関心が高まっている。

チャ・ウヌは劇中、素敵なビジュアルから学業の成績、バスケットボールの実力まで抜群の、非現実的な遺伝子を持つクールなイケメン イ・スホ役に扮し、女心を揺さぶる予定だ。

特にチャ・ウヌは「女神降臨」のドラマ化が決まる前から、イ・スホとの高いシンクロ率で仮想キャストに名前を連ね、話題となっていた。これについて、チャ・ウヌは「ASTROのメンバーたちが、僕と似ているウェブ漫画のキャラクターがいると言ったことがある。その時、スホというキャラクターを初めて知った」とし「作品に接し、監督や作家さんと何回もミーティングをしてリーディングをするうちに、キャラクターへの愛情が増した。ユニークな学園ドラマというところも、とても興味深かった」と伝え、「女神降臨」への出演を決めた理由を明かした。

チャ・ウヌは、イ・スホというキャラクターの魅力は“意外な一面”であるとし「外見はシックだけど、内面には温かい心を持っていて、時には隙があって可愛いところもある、意外な魅力の持ち主だ」と伝え、キャラクターへの愛情をアピールした。また「以前演じていたキャラクターとはまた違う事情を持っている人物だ。生徒に扮した僕の新しい姿も届けられるだろう」とし、期待を高めた。

また、イ・スホになりきるための情熱を語り、視線を集めた。チャ・ウヌは「スホ役をもっとよく理解するために、監督のアドバイス通り、寝る前30分はスホが経験した出来事、スホの叙事について考えている」と明かした。また「運動が好きなスホ役をよく表現するために、ブラジリアン柔術、バスケットボールなどを頑張って練習している」と付け加え、チャ・ウヌが演じるイ・スホへの期待を倍増させた。

彼は「スホのように(僕も)ファッションに関心が多くて運動が好きだ。けれど、スホが冷たい言葉を躊躇なく言ったり、鉄壁を作るのは僕とは少し違うと思う」とし、自身は温かい男性であると強調し、周りは笑いに包まれた。

撮影について「とても楽しく撮影している」と明かし、愉快な現場の雰囲気も伝えた。チャ・ウヌは「高校時代から練習生だったので、高校時代の思い出はあまりないが、『女神降臨』の撮影現場で、同年代の俳優たちと一緒に話したり演技をしていると、本当に高校生に戻ったような気分になる。スタッフのみなさん、俳優のみなさんがみんなとても明るく良い人たちで、楽しく撮影している」と伝え、微笑ましい近況を明かした。

何よりチャ・ウヌは、ムン・ガヨン(イム・ジュギョン役)、ファン・インヨプ(ハン・ソジュン役)とのケミ(ケミストリー、相手との相性)の点数を「99点」と明かし、関心を集めた。チャ・ウヌは「ガヨン姉さんとの息は、本当にぴったりだ。リハーサルの時に話し合って合わせてみたり、色々試みて楽しく撮影している。特に、ガヨン姉さんとインヨプ兄さんと僕の3人で撮るシーンが多いけれど、3人が集まった時の相乗効果がとても素晴らしい」と言った。また「まだ撮影が残っているシーンが多いので、足りない1点はその時に埋めようと残した。100点までファイト!」と言い、雰囲気を和ませた。「女神降臨」で公開される3人の抜群のケミ、相乗効果に期待が寄せられている。

さらに、最も楽しく撮影したシーンとして、ムン・ガヨンとの漫画喫茶シーンを挙げた。チャ・ウヌは「漫画喫茶でジュギョンとスホが一緒にいるシーンは、全部楽しく撮影した。少し不思議な空間で、2人が少しずつ仮面を外しながら作り上げるストーリーが妙な緊張感を与え、興味津々だった」と伝え、同シーンへの期待を倍増させた。

最後にチャ・ウヌは「『女神降臨』の放送開始まであと少しだ。一生懸命、そして楽しく撮影しているだけに、視聴者のみなさんにユニークな楽しさ、笑顔を届けられる作品になったら嬉しい」とし「僕もイ・スホとして素敵な姿、新しい一面をたくさん届けられるように努力するので、期待してほしい。冬と年末、一緒に過ごしましょう!」と伝え、情熱溢れる抱負と視聴者への挨拶を伝えた。

爽やかで甘いラブコメドラマ「女神降臨」は、韓国で12月9日午後10時30分に第1話が放送される。

記者 : イ・ユニ