TOMORROW X TOGETHER、3rdミニアルバム「minisode1 : Blue Hour」が米ビルボード200で25位を獲得!自己新記録を更新

Kstyle |

先月26日韓国3rdミニアルバム「minisode1 : Blue Hour」をリリースした、グローバルに活躍する韓国5人組グループTOMORROW X TOGETHER。

TOMORROW X TOGETHERが多数のアメリカビルボードチャートで上位を記録し、グローバルな人気を獲得し続けている。

17日(以下現地時間)アメリカ音楽専門媒体ビルボードが発表した最新チャート(11月21日付)によると、TOMORROW X TOGETHERが先月26日にリリースした韓国3rdミニアルバム「minisode1 : Blue Hour」はメインアルバムチャートの「ビルボード200」で25位を記録した。

ビルボードは16日、公式SNSで「minisode1 : Blue Hour」が「ビルボード200」で26位を記録したと伝えたが、これより1つ上の25位で確定発表された。これはTOMORROW X TOGETHERの自己新記録であり、デビュー2年目のK-POPグループの中で最も高いランキングだ。TOMORROW X TOGETHERは昨年3月発売したデビューアルバム「The Dream Chapter : STAR」で140位を記録した。

さらに、「minisode1 : Blue Hour」は「トップアルバムセールス」「トップカレントアルバムセールス」「ワールドアルバム」ですべて1位を獲得する驚くべき底力を見せた。リード曲「Blue Hour」は「ワールドデジタルソングセールス」チャートで21位を記録した。

TOMORROW X TOGETHERは他にも「エマージングアーティスト」1位、「ソーシャル50」12位、「アーティスト100」19位を記録するなど多数のチャートで上位になり、国内を超えて海外でも認められる勢いのあるアーティストということを立証した。

TOMORROW X TOGETHERは「minisode1 : Blue Hour」にて国内外で熱い反応を得ている。発売週売り上げ30万枚を達成し、デビュー2年目グループとして最高記録を達成し、全世界30の国と地域のiTunes「トップアルバム」チャートと日本オリコンデイリーとウィークリーアルバムチャートでも首位になった。リード曲「Blue Hour」も全世界15の国と地域のiTunes「トップソング」チャートで1位になり、TOMORROW X TOGETHER流の爽やかディスコの魅力を届けた。

特に13日公開された収録曲「We Lost The Summer」のミュージックビデオは、公開直後関連キーワード「#WeLostTheSummer」がTwitterワールドリアルタイムトレンド1位になり、全世界ファンから熱い関心を得た。

■リリース情報
3rdミニアルバム「minisode1 : Blue Hour」
発売中

<収録曲>
01. Ghosting
02. Blue Hour
03. We Lost The Summer
04. Wishlist
05. Way Home

■関連リンク
TOMORROW X TOGETHER日本公式サイト:https://txt-official.jp/

記者 : Kstyle編集部