ソン・ウニ、CNBLUE カン・ミンヒョクに10年間片思い!?番組で言及「迫力溢れるドラムの演奏を見て…」

Newsen |

写真=KBS 2TV「屋根部屋の問題児たち」キャプチャー
ソン・ウニがCNBLUE カン・ミンヒョクへの愛情を表した。

最近、韓国で放送されたKBS 2TV「屋根部屋の問題児たち」には、CNBLUEのジョン・ヨンファ、カン・ミンヒョク、イ・ジョンシンが出演した。

この日、MCたちはカン・ミンヒョクの登場にソン・ウニに「ミンヒョクの面会には行ったの?」と質問した。これに対して、カン・ミンヒョクは「当時、僕が用があって、外部に出かけられない状況だった」と釈明し、ソン・ウニは「行こうとしたけれど、ミンヒョクに面会に来てはいけないと言われた」と付け加えた。

ソン・ウニは「CNBLUEがデビューして10年間思いを寄せていた。DJ時代にラジオに出演していただいて、片思いした」とし「ラジオに出演した時、後ろで静かにしているのが可哀そうだったけど、迫力溢れるドラムの演奏を見て惚れてしまった」と明らかにした。これに対して、キム・スクは「しばらくドラムを習うと、スティックを10個ほど集めた」と暴露して、笑いを誘った。

・CNBLUE、8thミニアルバム「RE-CODE」10地域のiTunesチャートで1位を獲得!

・パク・ソングァン&ソン・ウニ&シン・ボラら、故パク・ジソンさんを追悼「いつまでも覚えているから」

記者 : チェ・スンヘ