「女神降臨」ムン・ガヨン、共演者の2人について言及“ASTRO チャ・ウヌはツンデレな魅力、ファン・インヨプは声が魅力的”

MYDAILY |

写真=tvN
女優のムン・ガヨンがtvN新水木ドラマ「女神降臨」への愛情をアピールした。

「女神降臨」は、外見にコンプレックスを持っているが化粧を通じて女神に変身するジュギョンと、人知れず心に傷を抱えているスホが出会い、お互いの秘密を共有し、成長していく“プライド回復ラブコメディー”だ。最高の人気を博している同名の人気ウェブ漫画を原作に、「偶然見つけたハル」を通じて感覚的な演出力を証明したキム・サンヒョプ監督が演出を担当し、熱血ファンの関心を集めている。

ムン・ガヨンは劇中、死んでもすっぴんはバレたくない主人公のイム・ジュギョン役を演じる。彼女は外見のコンプレックスを化粧の力で乗り越え、プライドを回復していくポジティブで明るい魅力で視聴者を魅了する予定だ。

これと関連してムン・ガヨンは「女神降臨」への出演を決めた理由について「明るいエネルギーがそのまま伝わる作品だった」と伝えた。続いて「イム・ジュギョンはこれまで会ったことがない新しいキャラクターで、挑戦したくなった」とキャラクターと演技への情熱を示し、期待を高めた。

特に彼女は、イム・ジュギョン役を演じることについて「ジュギョンは多様なジャンルを行き来することができるキャラクターなので、自由に演技できるという点が魅力的だ」とし「それにアクションも披露する予定なので、ジュギョンの活躍を楽しみにしていただきたい」と付け加え、変身を期待させた。

またムン・ガヨンはイム・ジュギョンに似ている点について「しっかりとした音楽趣向が似ている。普段、悩みや考えが多い方だが、ジュギョンはとても明るくてポジティブな性格を持っている」と伝え、ムン・ガヨンと反対の性格を持っているイム・ジュギョンをどのように表現するのか関心を集める。これと共に「第1話でジュギョンが、化粧の実力が伸びるまで試行錯誤をたくさん経験する。このような過程を楽しく撮影したけど、視聴者の反応が気になる」と伝え、どんなシーンが誕生したのか注目を集める。

またムン・ガヨンは相手役であるASTRO チャ・ウヌとファン・インヨプについても言及した。「チャ・ウヌはツンデレのような魅力があって、ファン・インヨプは声が魅力的だ。2人と一緒に楽しく撮影している」と伝え、3人のケミストリー(相手との相性)とシナジー(相乗効果)への期待を高めた。

それだけではなくムン・ガヨンは「『女神降臨』は大人になって行くにつれて誰もが経験する10代の悩み、変化、成熟を描く。その過程に心がときめいて可愛らしく、共感を引き出すドラマだ。各人物が成長の痛みをどのように乗り越え、成長していくのか見守ってほしい」と伝えた。最後に「多くの関心を送ってくださるほど、愉快さとトキメキを届けることができるように良い作品で挨拶するので、楽しみにしていただきたい」と伝えた。

ドラマ「女神降臨」は、韓国で12月9日の午後10時30分に初放送される。

記者 : イ・スンギル