BTS(防弾少年団) ジミン、手術後のSUGAの近況明かす「現在回復中…皆さんに会いたいと言っている」

Newsen |

写真=Newsen DB
BTS(防弾少年団)のジミンが、YouTubeライブ配信でSUGAの近況を明かした。

SUGAは練習生時代だった2012年、デビュー前に負傷した後、2013年に肩の上腕骨脱臼の診断を受けた。以後、肩の痛みが継続し、2019年には医師から左の肩関節周辺の軟骨が損傷したことを意味する「左側後方関節唇損傷」の診断を受けた。

これにSUGAは苦心の末に11月3日、損傷した左の肩関節の部分を縫合する手術を受けた。手術は成功し、手術した部位が安定し、回復したという医師の診断を受けた後、リハビリを経て元気な姿でステージに上がる予定だ。しばらく一部の日程を除いた大半の公式活動に参加せず、治療に専念する予定だ。

これに対して、ジミンは「ユンギ(SUGAの本名)兄さんのことを大変心配されたと思いますが、兄さんはちゃんと回復しているのであまり心配なさらないでください。『今日はこうだ』と近況を報告したり、連絡もしたりして、しっかり回復しています。手術は無事に終わりました。皆さんに会いたいと言っているので、早く回復することを皆さんも一緒に応援していただけたら幸いです」と伝えた。

メンバー全員もカムバックを控えて体力管理に集中している。ジミンは「健康管理を一生懸命しています。最近、一生懸命管理しようとしたところ、少したまっていたものが表れたようで、今はしばらく休んでいます。基盤を固めるための試みのうちです。メンバーたちも健康に気をつけるためにたくさん努力しています。ユンギ兄さんも、これ以上体調が悪くなる前に、皆さんとずっと一緒にいたい気持ちで今早めに治療を受けることを選択したので、少し待っていただければ、早く回復してまた良い姿を見られると思います」と明らかにした。

ARMY(BTSのファン)に対する愛情も表した。ジミンは「僕も本当に皆さんが恋しいです。こういう形でもコミュニケーションできることに感謝しています。このようにみんなが努力したら、いつかきっとよくなる時が来るはずだし、今も良いニュースが聞こえてきているので、疲れてももう少し元気を出してください」と気持ちを表した。

また、「僕たちもいつも皆さんが恋しくて、再び皆さんにお会いできるその日まで一生懸命に準備します。本当に愛してます。今日も僕を見に来てくださってありがとうございます。アルバムを期待してください」とし、放送を終了した。

・BTS(防弾少年団) ジミン、カムバックを控えて近況を報告「アルバムと年末の準備をしている」(動画あり)

・BTS(防弾少年団) ジミン、ニューアルバム「BE(Deluxe Edition)」コンセプト写真を公開…深みのある眼差し

写真=BTS 公式YouTubeチャンネル

記者 : ファン・ヘジン