「エビギュファン」チャン・ヘジン、共演したf(x) クリスタルを称賛“顔はアイドルだけど…女優になる準備ができている”

MYDAILY |

写真=リトル・ビッグ・ピクチャーズ
女優チャン・ヘジンが映画「エビギュファン」で共演した後輩であるf(x)のクリスタルについて愛情を示した。

彼女は最近、ソウル鍾路(チョンノ)区昭格洞(ソギョットン)のカフェーでマイデイリーとのインタビューを行い、映画「エビギュファン」について色々話し合った。

「エビギュファン」は妊娠5ヶ月目のトイル(クリスタル)が、15年前に連絡が途絶えた本当の父親と、家出したお腹の子供の父親を探す過程をユニークに描いた作品だ。

劇中、チャン・ヘジンは娘トイルほど堂々としてクールだが、冷徹さを失わない母親ソンミョン役を演じた。優しい柔らかさの中で、根気のある顔で揺れる娘トイルの心強いサポーターになっている。

この日、チャン・ヘジンは「私はただ平凡で素朴な母親で、怒る時には怒る、本能的なキャラクターです。でもソンミョンは怒りを抑えて、一度考えてから言うじゃないですか。そのような点が難しかったですが、面白かったです。最初は『なぜ我慢するの?』と思ったんですが、時間が過ぎるほど魅力的だと感じました」と伝えた。

そして彼女は劇中、娘トイルの授かり婚設定について「婿になる人が娘だけ愛したら、無条件にOKします。実際に、私も娘が妊娠したとしても『ダメだ』と反対するタイプではないです。ただトイルが、妊娠5ヶ月になるまで言ってくれなかったのは残念でした」と語った。

クリスタルとの母娘ケミストリー(相手との相性)はどうだっただろう。チャン・ヘジンは「最初は『f(x)のクリスタルだ』という感じだったんですが、すぐ『女優チョン・スジョン(クリスタルの本名)、トイルだね』と思うようになりました。ビジュアルだけアイドルで、心はすでに女優としての準備ができており、思ったより素朴で、優しかったんです。また、クリスタルは元々人への先入観がなく、ただありのままの姿を受け入れる性格です」と褒めた。

続いて「ある日、彼女のシャンプーの匂いがよくて『匂いがいいね』と言ったら、新しい製品があると数日後にシャンプーとコンディショナーをプレゼントしてくれて、うちの娘にクリスタルからもらったと自慢しました。心がとても温かい人です」とエピソードを公開した。

チャン・ヘジンは「エビギュファン」について「トイルの家族が他人の目には“マクチャン家族(日常では起こらないような出来事や事件が次々と起きる家族)”のように見えますが、彼らの立場では本人が望むことを選択したので『果たしてマクチャン家族だと言ってもいいだろうか』と思います。自分の幸せを直接探していくのが正しいと思いますし、『エビギュファン』は家族という垣を作りましたが、大切なのは個人の選択という内容を伝えます。トイルの成長と共に親も一緒に成長していく物語を描いています」と語った。

記者 : キム・ナラ