ホン・ジニョン、論文の盗作疑惑を否定…事務所がコメント「審査した教授にも確認…絶対にやっていない」

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
歌手のホン・ジニョンが修士論文の盗作疑惑について否定した。

ホン・ジニョンの所属事務所の関係者は公式報道資料を通じて「ホン・ジニョンは自分の朝鮮(チョソン)大学貿易学科の修士論文『韓流を通じた文化コンテンツ産業動向に関する研究』の研究及び作成過程に誠実に参加しました。記事を通じて提起された盗作率が74%を超えるという疑惑について当時、ホン・ジニョンの修士論文を審査した教授の意見をお伝えします」と明かした。

続いて「該当教授によるとホン・ジニョンが修士論文審査を受けたのは2009年で、当時論文審査では引用内容と参考文献など注釈をたくさんつける事が流れで、引用が多くてこそ論文審査を通過することができた時期でした。またコピーキラーシステムは2015年から大学で義務的に使ったシステムで、50%を超える盗作を取り除くために始まった制度です。該当システムがなかった2009年に審査を受けた論文を分析すると、盗作率が高くなるしかありません」と説明した。

また「誤解される可能性はありますが、盗作とみることが難しいという審査教授の意見を伝えながら、該当論文で引用内容と参考文献の他に研究的な内容でホン・ジニョンは、絶対に盗作していなかったことをアーティスト本人に再び確認しました」と強調した。

・ホン・ジニョン、修士論文に突然の盗作疑惑が浮上…事務所がコメント「確認中」

・【PHOTO】ホン・ジニョン、ラジオ番組の収録に参加…通話中も欠かさないファンサービス(動画あり)

【ホン・ジニョン所属事務所 公式コメント全文】

こんにちは、IMHエンターテインメントです。

報道された歌手ホン・ジニョンの論文盗作疑惑記事と関連して、公式コメントをお伝えします。

ホン・ジニョンは自分の朝鮮(チョソン)大学貿易学科の修士論文「韓流を通じた文化コンテンツ産業動向に関する研究」の研究及び作成過程に誠実に参加しました。

記事を通じて提起された盗作率が74%を超えるという疑惑について当時、ホン・ジニョンの修士論文を審査した教授の意見をお伝えします。

該当教授によるとホン・ジニョンが修士論文審査を受けたのは2009年で、当時論文審査では引用内容と参考文献など注釈をたくさんつける事が流れで、引用が多くてこそ論文審査を通過することができた時期でした。

またコピーキラーシステムは2015年から大学で義務的に使ったシステムで、50%を超える盗作を取り除くために始まった制度です。該当システムがなかった2009年に審査を受けた論文を分析すると、盗作率が高くなるしかありません。

誤解される可能性はありますが、盗作とみることが難しいという審査教授の意見を伝えながら、該当論文で引用内容と参考文献の他に研究的な内容でホン・ジニョンは、絶対に盗作していなかったことをアーティスト本人に再び確認しました。

従って該当検証方法は時期的に間違いがある検証で、該当論文はホン・ジニョンの創作物として、他の論文を絶対に盗作していなかったことを申し上げます。

ありがとうございます。

記者 : ミョン・ヒスク