2PM ニックン、ハリウッド映画「香港ラブストーリー」への出演が決定!バイロン・マンとの共演に期待

Newsen |

写真=JYPエンターテインメント
2PMのニックンが、ハリウッド映画にキャスティングされた。

映画「香港ラブストーリー(Hong Kong Love Story)」は、キオニ・ワックスマン監督がメガホンを取ったラブコメディーで、ニックンは映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」、Netflixドラマ「オルタード・カーボン」などに出演した俳優バイロン・マンらと共演する予定だ。

特に今回の作品は、バイロン・マンの実際の経験談をベースにしているという点で、公開を楽しみにしている観客たちの好奇心を刺激する。

劇中で裕福な家の息子に変身したニックンは、バイロン・マンと一緒に香港で紆余曲折を経て、真の愛と友情の意味を知ることになる。

ポーランドのライジングスターのドミニカが2人の相手役として登場し、彼らの友情を試すことになる。また「007 ダイ・アナザー・デイ」「SAYURI」などに出演した中華圏の有名ベテラン俳優ケネス・ツァン(Kenneth Tsang)がキャストに名を連ねた。

今回の作品は「パシフィック・リム: アップライジング」のプロダクションマネージャーとして活躍したアーロン・サーショが統括プロデューサーを務め、12月から本格的に制作に入る。

ニックンは2018年に公開されたタイ映画で、その年の現地チケット累積収益2位を記録した作品「ブラザー・オブ・ザ・イヤー」の主役として、優しく柔らかい魅力的な男モジ役に扮して興行を牽引した。

今年でデビュー12周年を迎えたニックンは、演技活動を含めて多様な分野で幅広く活動し、人気をアピールしている。

記者 : イ・ミンジ