「飛べ小川の竜」クォン・サンウ&ペ・ソンウ、大学の先輩後輩!?“同じ出身校は久しぶり…”

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「飛べ小川の竜」放送画面キャプチャー
クォン・サンウとペ・ソンウは地方大学の先輩・後輩だった。

10月31日に韓国で放送されたSBS新金土ドラマ「飛べ小川の竜」第2話で、パク・テヨン(クォン・サンウ)、パク・サムス(ペ・ソンウ)はS大学出身であることが分かった。

この日、サムスは10年以上勤務していたNEWS&NEWを退社し、葬儀屋になるかを深刻に悩んでいた。

これを聞いたテヨンは「文章が上手だから、僕に関する良い記事を書いてくれないか?」と提案した。

2人はお互いを「S大学出身だ」と明かしたところ「ソウル大学ではなくスチョン大学」であることが分かった。

サムスは「スチョン大もS大だ」とし「僕はスチョン大学歴史学科、2003年度入学生だ。スチョン大学出身生は久しぶりに会うな」と挨拶した。

しかしテヨンはスチョン大学を中退し、高卒の国選弁護人として名を知られていた。

記者 : キム・ボラ