Wanna One出身パク・ジフンの「恋愛革命」やファン・ジョンウム「あいつがそいつだ」など、11月の衛星劇場は日本初放送が続々スタート!チ・チャンウクの「コンビニのセッピョル」1話先行放送も!

Kstyle | |PR

©Kakao M Corp.
11月のCS放送局「衛星劇場」は日本初放送となる話題のドラマが続々スタート! パク・ジフン主演の学園ドラマ「恋愛革命(原題)」や“ラブコメ女王”ファン・ジョンウム主演の「あいつがそいつだ(原題)」、ブラックコメディ推理劇「十匙一飯(原題)」、韓国初のBLドラマ「君の視線が止まる先に」など多彩なジャンルが盛りだくさん! さらにチ・チャンウクの「コンビニのセッピョル(原題)」も第1話を先行放送!


Wanna One出身パク・ジフン主演「恋愛革命」

©Kakao M Corp.
11月26日(木)夜10時からスタートするのが、Wanna One出身のパク・ジフンが主演に抜擢されて話題を集めた学園ラブコメディ「恋愛革命」。原作は7年ものあいだ「NAVERのウェブトゥーン木曜日」で1位をキープした大ヒット漫画で、高校一年生のコン・ジュヨンとジュヨンが一目惚れしたクールビューティーな同級生ワン・ジャリムの恋が、軽めのギャグも入りつつ、ゆる~いタッチで描かれる。見どころはなんと言っても、おかっぱ頭で子犬のように可愛いパク・ジフン! 「コッパダン~恋する仲人~」に続き、キラキラと光り輝くオーラに釘付けになること間違いなし! さらにジュヨンの友人役で登場するTHE BOYZのヨンフンの際立つカッコよさも要チェック!


ファン・ジョンウム最新作「あいつがそいつだ」

Licensed by KBS Media Ltd. © 2020 KBS. All rights reserved
11月20日(金)からは「彼女はキレイだった」「サンガプ屋台」などで日本でも人気のファン・ジョンウム主演最新作「あいつがそいつだ」を日本初放送する。“非婚主義”のヒロインが2人の魅力的な男性の猛アタックに負けずに“非婚”を死守しようとする物語。単なるラブコメではなく、前世を絡めた4代にわたるラブストーリーが展開し、愛とは何かを考えさせられるドラマだ。見どころの一つは、主人公をめぐる製薬会社社長役のユン・ヒョンミンと魅力的な年下男子役のソ・ジフンとの三角関係。同居することになってしまったユン・ヒョンミンとソ・ジフンが主人公に同性愛者と間違えられるエピソードをはじめ、所々に笑えるシーンが散りばめられている。前世で絡まっていた因縁がどのように解けていくのかも見逃せないポイントだ。


ユン・シユン主演「サイコパス ダイアリー」

© STUDIO DRAGON CORPORATION
他にもコメディ作品では、ユン・シユン主演の「サイコパス ダイアリー(原題)」も11月19日(木)から放送スタート。偶然殺人事件を目撃した主人公がその現場から逃げる途中で交通事故に。目が覚めると殺人過程が記録されたダイアリーを手にしていた主人公は、自分が連続殺人犯だと錯覚してしまう……というストーリー。サスペンス要素もありつつ、大真面目で自分をサイコパスだと錯覚しているユン・シユンの演技に爆笑必至! お人好しの男とサイコパスを、まるで一人二役のように演じ分けるユン・シユンの演技、そして映画のような緊張感ある演出と「愛しのホロ」を手掛けたリュ・ヨンジェによる斬新な脚本に注目!


ブラックコメディ推理劇「十匙一飯(シプサイルバン)」

©2020MBC
11月18日(水)からは「十匙一飯(シプサイルバン)」という今年の夏に韓国MBCで放送された全8話のドラマを日本初放送。自分の誕生日会に親族らを招いた、莫大な遺産を持つ有名画家。しかし誕生日の翌朝、彼は遺体で発見され、残された者たちはその遺産をめぐり頭脳戦を繰り広げる……というブラックコメディ推理劇だ。タイトルの「十匙一飯」は、元々「ご飯10匙がひとつの器になる」ことを表し、皆で力を合わせれば人を助けることができるという意味だが、その意味を見事に皮肉ったストーリーが展開する。有名画家の婚外子のビンナ以外は貪欲な金の亡者ばかり。果たして犯人は誰なのか、最後まで目が離せないウェルメイドドラマだ。


韓国初のBLドラマ「君の視線が止まる先に」

©2020 W-STORY All rights reserved
タイをはじめ、アジアのBLドラマが世界的に一大ブームとなっている昨今だが、満を持して制作された韓国初のBLドラマ「君の視線が止まる先に」が11月11日(水)に日本初放送される。本作は財閥2世のテジュとその幼なじみでありボディガードでもあるグクの爽やかで切ない青春が繊細に描かれている。主演は2019年に“PRODUCE X 101”に参加し、その端正な顔立ちと抜群のスタイルで注目を浴びた新星ハン・ギチャンと、身長186cmのモデル出身の俳優チャン・ウィス。衛星劇場では本作の制作会社による第2弾BLドラマ「Mr.ハート」も12月に放送することが決定している。「Mr.ハート」はジェジュンが挿入歌を歌うことでも話題を集めた作品。2作とも全8話を一日で一気に放送するのでお見逃しなく!


チ・チャンウク&キム・ユジョン共演「コンビニのセッピョル」

©2020 Taewon Entertainment All Rights Reserved
そして11月29日(日)には、チ・チャンウク&キム・ユジョンの豪華共演で話題を集めた「コンビニのセッピョル」の第1話を先行放送する。「僕を溶かしてくれ」「THE K2」など数々の作品で日本でも人気のチ・チャンウクがコンビニのちょっとさえないイケメン店長を、「雲が描いた月明り」のキム・ユジョン元不良のアルバイトを熱演! 日常生活に密着したコンビニを舞台に、温かな感動と笑いを届けてくれるラブコメディだ。


話題作をまとめてアンコール一挙放送!

©Jcontentree corp. all rights reserved
他にも話題作をまとめてアンコール一挙放送! イ・ジュニョク&ナム・ジヒョン主演のミステリー「365:運命をさかのぼる1年(原題)」、パク・ミニョン&ソ・ガンジュンのヒーリングロマンス「天気が良ければ訪ねて行きます(原題)」、そしてキム・ジュヒョクの最後のドラマ出演作となった社会派ドラマ「アルゴン~隠された真実~」も放送! 衛星劇場の11月の豪華なドラマラインナップをお楽しみに!

■放送情報

<日本初放送>
「君の視線が止まる先に」 全8話
11月11日(水) 午後11:00~深夜1:00ほか(8話連続放送)

出演:ハン・ギチャン、チャン・ウィス、チェ・ヨンチョン、チョン ・ジェヨン
演出:ファン・ダスル / 脚本:シン・ユ、ファン・ダスル

「十匙一飯(シプサイルバン)(原題)」 全8話
11月18日(水)放送スタート
毎週(水) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)

出演:オ・ナラ、キム・へジュン、キム・ジョンヨン、イ・ユニ、ハン・スヒョン ほか
演出:チン・チャンギュ / 脚本:チェ・ギョン

「サイコパス ダイアリー(原題)」 全16話
11月19日(木)放送スタート
毎週(木) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)

出演:ユン・シユン、チョン・インソン、パク・ソンフン、イ・ハヌィ、ファン・ヒョウン
演出:イ・ジョンジェ / 脚本:リュ・ヨンジェ、キム・ファンチェ

「あいつがそいつだ(原題)」 全16話
11月20日(金)放送スタート
毎週(金) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)

出演:ファン・ジョンウム、ユン・ヒョンミン、ソ・ジフン
演出:チェ・ユンソク / 脚本:イ・ウンヨン

「恋愛革命(原題)」 全13話
11月26日(木)放送スタート
毎週(木) 午後10:00~11:00ほか

出演:パク・ジフン、イ・ルビ、ヨンフン(THE BOYZ)、チョン・ダウン、ダヨン(宇宙少女)、アン・ドギュ、コ・チャンビン
演出:ソ・ジュワン

「コンビニのセッピョル(原題)」全16話
11月29日(日) 午後9:45~11:00 第1話先行放送
※12月22日(火)から本放送スタート

出演:チ・チャンウク、キム・ユジョン、ハン・ソンナ
演出:イ・ミョンウ / 脚本:ソン・グンジュ

「Mr.ハート」 全8話
12月15日(火) 午後11:00~深夜1:00ほか(8話連続放送)

出演:チョン・スンホ、イ・セジン、ララ
演出:パク・ソンジェ / 脚本:ナルペン

<アンコール放送>
「365:運命をさかのぼる1年(原題)」 全12話
11月5日(木)アンコール一挙放送スタート
平日 午前5:00~7:30(2話連続放送)

出演:イ・ジュニョク、ナム・ジヒョン、キム・ジス、ヤン・ドングン
演出:キム・ギョンヒ / 脚本:イ・ソユン、イ・スギョン

「天気が良ければ訪ねて行きます(原題)」 全16話
11月13日(金)アンコール一挙放送スタート
平日 午前5:00~7:30(2話連続放送)

出演:パク・ミニョン、ソ・ガンジュン、ムン・ジョンヒ、イ・ジェウク、イム・セミ
演出:ハン・ジスン、チャン・ジヨン / 脚本:ハン・ガラム

「アルゴン~隠された真実~」 全8話
11月26日(木)アンコール一挙放送スタート
平日 午前5:00~7:30(2話連続放送)

出演:キム・ジュヒョク、チョン・ウヒ、パク・ウォンサン、イ・スンジュン、シン・ヒョンビン
演出:イ・ユンジョン / 脚本:チョン・ヨンシン、チュ・ウォンギュ、シン・ハウン

■関連サイト
衛星劇場ホームページ:http://www.eigeki.com/special/hanryu_drama_sengen

記者 : Kstyle編集部