ASTRO チャ・ウヌ&ムン・ガヨンら出演、新ドラマ「女神降臨」キャラクターポスターを公開…漫画とのシンクロ率が高すぎると話題

Newsen |

写真=「女神降臨」放送画面キャプチャー
ドラマ「女神降臨」に出演するムン・ガヨン、ASTROのチャ・ウヌ、ファン・インヨプ、パク・ユナが、素晴らしいビジュアルで期待を高めた。

tvN新水木ドラマ「女神降臨」(演出:キム・サンヒョプ、脚本:イ・シウン)は10月29日、ムン・ガヨン(イム・ジュギョン役)、チャ・ウヌ(イ・スホ役)、ファン・インヨプ(ハン・ソジュン役)、パク・ユナ(カン・スジン役)のキャラクターポスターを公開した。

「女神降臨」は、外見にコンプレックスを持っているが化粧を通じて女神に変身するジュギョンと、人知れぬ心の傷を抱えているスホが出会い、お互いの秘密を共有し、成長していく“プライド回復ラブコメディー”だ。

劇中でムン・ガヨンは、死んでもすっぴんはバレたくないメイクオーバー女神のイム・ジュギョン役、チャ・ウヌは並外れた遺伝子を搭載したクールなイケメンのイ・スホ役を務める。また、ファン・インヨプは完璧なフィジカルを持つ荒々しい野生馬のハン・ソジュン、ソ・ユナは元祖セボム高校の女神カン・スジンに扮して、ケミ(ケミストリー、相手との相性)をアピールする予定だ。

公開されたポスターにはムン・ガヨン、チャ・ウヌ、ファン・インヨプ、パク・ユナの個性溢れるSNSの画面が収められている。

ムン・ガヨンは華やかで爽やかな女神のようなビジュアルをアピールする。メイク道具を持って目をキラキラさせるムン・ガヨンの表情と、名前の横にある口紅の絵文字で、メイクにハマっていることを表している。また、ピンク色のカーディガンにレースのリボンタイまで完璧に着こなす彼女の美貌が人々を感心させる。ピンクでいっぱいのムン・ガヨンのSNSが、劇中でラブリーな魅力をアピールし、彼女の活躍に対する期待を高めている。

チャ・ウヌは、彫刻のようなビジュアルとシックな眼差しで視線を奪う。それに加えて、端正なシャツとネクタイ、カーディガンまで、少しの誤差もない服装が、模範生のような雰囲気を漂わせる。特に「投稿」0件、「フォロー中」0人であるにもかかわらず1.3万人のフォロワー数を誇る彼のSNSが驚きを与える。劇中で他の人には1秒も目を向けない“鉄壁の男”で、ビジュアルから学業成績までトップクラスである完璧な男に扮するチャ・ウヌの魅力に期待が高まっている。

ファン・インヨプは魅力的な荒々しい雰囲気が目を引く。シャープな眼差しが特徴的なルックスや、ピアスとネックレス、ボタンを開けたシャツまで、反抗的な服装の調和が印象的だ。これと共に、写真の中のヘルメットとバイクの絵文字が、ファン・インヨプのバイクへの愛情を感じさせ、ワイルドな魅力を倍増させる。また、1.1万人というフォロワー数が彼の人気を実感させ、チャ・ウヌと双璧をなすファン・インヨプの魅力に関心が高まっている。

パク・ユナは、ガールクラッシュ(女性が女性に対して憧れの感情を抱くこと)な魅力をアピールしている。ツンとした眼差しとシックな表情から、シックな彼女の性格が垣間見える。また、空色のカーディガンまでしっかり着こなすパク・ユナのピュアで清らかなビジュアルから目を離すことができない。このようにパク・ユナの魅力とムン・ガヨンと親友としてアピールするビジュアルケミに期待が高まっている。

また、「女神降臨」の原作者であるヤオンイ作家が自ら作画したウェブ漫画バージョンのキャラクターポスターが同時に公開されて目を引く。ムン・ガヨン、チャ・ウヌ、ファン・インヨプ、パク・ユナとそっくりのキャラクターたちが目を引き、“ウェブチッナムニョ”(ウェブから飛び出てきた男女)という異名にぴったりの彼らの組み合わせが、より一層期待を高める。

このように「女神降臨」のキャラクターポスターは、ウェブ漫画から飛び出てきた4人のビジュアルやそれぞれ異なる個性を見せ、人々の関心を集める。

「女神降臨」は、ヤオンイ作家の同名ウェブ漫画を原作としている。NAVERウェブ漫画として2018年に連載を始めて以来、女性読者たちから不動の1位を獲得しており、アメリカ、日本、フランス、東南アジア各地でも人気を博している、名実共にグローバルヒット作品である。平凡な女子高生のイム・ジュギョンが、メイクで自信を得て、愛と夢を探していく内容で、ジュギョン&スホ&ソジュンの3人の若者たちの三角ロマンスの展開を華やかな絵柄で描き、世界中の10代と20代から共感と支持を得ている。韓国で12月に放送がスタートする。

・「女神降臨」ムン・ガヨン、驚きのムービングポスターを初公開…早くも期待高まる(動画あり)

・ASTRO チャ・ウヌ&ムン・ガヨンら出演、新ドラマ「女神降臨」台本読み合わせ現場を公開…甘いトキメキと愉快な面白さに高まる期待

記者 : パク・アルム