「私生活」裏切られたコ・ギョンピョ&野望を表したキム・ヨンミンの激しい戦いが本格化

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「私生活」放送画面キャプチャー
裏切られたイ・ジョンファン(コ・ギョンピョ)と、巨大な野望を表したキム・ジェウク(キム・ヨンミン)の対決が本格化した。

28日に韓国で放送されたJTBC水木ドラマ「私生活」第7話では、イ・ジョンファンがキム・ジェウクとGKのキム・サンマン(キム・ミンサン)室長から裏切られた上に、その計画が1年前から実行されていたという事実が明かされて衝撃を与えた。

「ジェントルマンズクラブ」という秘密の場所で彼らが隠密に会った理由がこのためだった。1年前、チョン・ボクギ(キム・ヒョンジン)がジョンファンを通じて自身の行方を探しているという話を聞いたジェウクは、キム室長に10年間隠してきた自分の正体を現し、ジョンファンの動きを止めてほしいと要請した。彼が取引の代価として出したカードは、UIのチェ会長の秘密の帳簿だった。他人の私生活を収集するGKにとって、最高位層の不正が詰め込まれた帳簿は確かにいいエサだった。キム室長はジョンファンにボクギとジェウクに関する情報を全部UIに渡して、事件から手を引けと指示し、こうして手に入れたUSBをジェウクに渡した。

問題はキム室長の指示に背いたジョンファンの単独行動だった。キム室長はUSBを渡したUIが動かなければ必ずジョンファンが疑うはずだと思って、人を雇用した。しかし、同情心がわいたジョンファンがボクギの逃走を助け、ジェウクの隠れ場に潜入してチェ会長の秘密帳簿を映像で確保した。

しかしこのような動きは、GKの監視網にキャッチされた。結局ジョンファンが結婚する日を目標に「指示に背いたトラブルメーカー部下の結末」という合作シナリオが作られた。

「ジェントルマンズクラブ」のネットワークセキュリティをハッキングして監視カメラの映像を確保したジョンファンは同じ時間、同じ場所にいたジェウクとキム室長の姿を確認して、信じていた人から裏切られたということを理解した。これに「なぜ僕にキム・ジェウクの正体を隠したのだろう、いつからだったんだろう」と疑問を抱き「もうその理由が分かった。もしかしたら僕が死ぬべき理由だったかもしれない」と確実な目標を持つようになった。

その間、チャ・ジュウン(少女時代 ソヒョン)はジェウクの隠れ場であるチェ会長の別荘にボクギを連れて行った。しかし怪しいほど最初にここを調べた時とは異なり、人の気配を感じることができなかった。それで大胆に別荘の中に入ったが、内部に設置された爆弾を触ってしまった。状況を事前に予測していたジェウクが設置した罠に落ちてしまったのだ。やられたジュウンを助けるために消火器を使いながら登場した人はボクギだった。爆発音を聞いて逃げようとしたボクギが帰ってきたのだ。一時ジュウンの人生をどん底に陥れた彼女が“命の恩人”になって、彼女らの“ウォーマンス(女性たちの友情)”が始まった。

しかしここで安心するジェウクではない。怪しいと思ったボクギが救急室に横になっているジュウンを連れて病院を離れようとした瞬間、ジェウクが送った部下たちに捕まったのだ。その時、事前にジュウンの位置を追跡していた“ヘルメット男”ジョンファンが登場して部下たちを引き離し、ボクギはジュウンと共に無事に現場を離れることができた。ジュウンが危機に見舞われるたびに登場した“ヘルメット男”に憤怒したジェウク。彼の鋭い目がジョンファンに向かった。すでに交通事故現場を直接調査して、ジョンファンの死の操作と生存を確認したジェウクだった。「イ・ジョンファン、お前だったのか?」と笑顔を見せたジェウクの姿は、視聴者をゾッとさせた。

この日の放送では、ジェウクの本物の野望、そして黒いもくろみを持つようになった理由も明かされた。“キングメーカー”を夢見る彼が大統領選の候補として選んだ人は、国会議員ユ・ビョンジュン(ミン・ジオ)だった。検事時代から一度決心したら、水火をも辞せずに絵を完成させるブルドーザーのような人間として有名な人物だった。しかし「やはり正確だね。選球眼が鋭い」というキム室長の考えとは異なり、ジェウクには違う目的があった。それは両親の復讐だった。

チェ会長とのクッパ屋での密会を目撃した主人夫婦を殺したユ・ビョンジュンの有名なブルドーザー事件があった。それに彼はその夫婦が一人しかいない息子に保険金をくれるためにお互いを刺したことに偽装、完璧で残酷なシナリオを作った。その息子がジェウクだった。彼は血の現場で廃虚になった両親のクッパ屋の地下に巨額の現金と金塊を保管して、復讐を待っていた。チェ会長の女だったボクギに接近して秘密帳簿を手に入れ、ボクギと共に詐欺ドキュメンタリーで集めた巨大な資金を持って姿を消すなど、20年間緻密に準備してきたジェウクのゾッとする復讐劇は、クライマックスに向かって疾走していた。

記者 : イ・スンギル