BTS(防弾少年団)、米ビルボード「グローバル200」&「グローバル」チャートで2週連続1位!通算3度目の同時1位獲得

Kstyle |

BTS(防弾少年団)がアメリカビルボードのグローバルチャートを総なめにし、世界的な影響力を再び確認させた。

アメリカの音楽専門媒体ビルボードが27日(現地時間)に発表した最新チャート(10月31日付)によると、BTSのデジタルシングル「Dynamite」は「ビルボードグローバル200」と「ビルボードグローバル(アメリカ除外)」チャートで2週連続首位をキープし、通算3度目の同時1位を記録した。

先月新設された「ビルボードグローバル200」と「ビルボードグローバル(アメリカ除外)」チャートは200以上の地域のストリーミングと売り上げを集計し、順位を決める。BTSは今月だけで両チャート合計8度も首位に立つ底力を見せた。

「Dynamite」はビルボードの他のチャートでも上位をキープしている。「デジタルソングセールス」チャートでは9週連続1位になり、「ラジオソング」チャートでは先週に比べて2位ランクアップした20位を獲得、自己最高記録を更新した。「ポップソング」11位、「カナダホット100」12位、「ストリーミングソング」16位、「アダルトポップソング」19位を獲得し、旋風を巻き起こし続けている。

また「Dynamite」はビルボードのメインシングルチャート「HOT100」でも7位を記録した。8月21日の発売から2週連続首位になったことに続き、2ヶ月間で1位を3回、2位を4回獲得するなど相変わらずチャート上位をキープしている。

さらにBTSはアルバムチャートでも強さを見せた。2014年に発売した「Skool Luv Affair」はメインアルバムチャート「Billboard200」で12位を獲得した。

また、アルバム「Skool Luv Affair」以外にも2月に発売した韓国4thアルバム「MAP OF THE SOUL : 7 」(54位)と2018年8月に発売した「LOVE YOURSELF 結 ‘Answer'」(121位)など合計3作品が「Billboard200」にチャートインした。

全世界のSNSを基にアーティストの人気を図る「ソーシャル50」チャートでも172週連続、通算202度目の1位という大記録を立て続けている。

記者 : Kstyle編集部