VERIVERY、デビュー後初!新曲「G.B.T.B」が米ビルボードで44位にランクイン…BTS(防弾少年団)&NCTらに続く快挙

OSEN |

写真=Jellyfishエンターテインメント
VERIVERYがデビュー後初めてビルボードチャートにランクインした。

VERIVERYは、海外で目覚ましい成長を見せている。27日午後(韓国時間)、米ビルボードが発表したチャートによると、VERIVERYの5thミニアルバム「FACE US」のタイトル曲「G.B.T.B.」がビルボードのデジタルソングセールスチャートで44位になる快挙を達成し、次世代K-POPアーティストとして存在感を発揮した。

デジタルソングセールスにランクインしたK-POPグループはこれまでBTS(防弾少年団)、BLACKPINK、NCTで、新人グループとしては非常に異例なことだ。

さらに、ワールドデジタルセールスソングチャートでは1位を獲得し、注目を集めた。

VERIVERYがランクインしたデジタルソングセールスチャートは、ビルボードトップチャートにランクインしたアメリカ内のベストセラーデジタル音楽ランキングで、アーティストらの競争が激しいため、より意義深い結果だ。

先立ってVERIVERYは、5thミニアルバムの発売と同時に、アメリカやイギリスをはじめ、ドイツ、日本、フランス、オーストラリア、タイ、香港など、15ヶ国のiTunesアルバムチャート「TOP10」にランクインするとともに、アメリカのポップチャートで4位、ジェネラルチャートで9位になる快挙を達成し、異例の記録を打ち立てている。

それだけでなく、19日に開催された台湾とタイのオンラインメディアイベントは、海外のアーティストの中で初めて行われたもので、現地メディアが集中的に報道するなど、高い関心を示し、世界中のK-POPファンから注目を集めた。

VERIVERYの5thミニアルバムのタイトル曲「G.B.T.B.」は、「Go Beyond The Barrier」の略で、“君と僕、そして私たちはいかなる障害物も一緒に乗り越え、新たなスタートを迎えることができる”という前向きなメッセージが込められた楽曲だ。この曲でビルボードチャートに初めてランクインしたVERIVERYが、これから披露するグローバルな活躍に期待が高まっている。

・VERIVERY ミンチャン、健康状態の悪化と不安症状により活動を一時中断「休息を取って治療に専念する」

・【PHOTO】VERIVERY、10月22日(木)「KCON:TACT season 2」Pop Up Classに登場

記者 : チェ・ナヨン