「オ!サムグァンビラ」チョン・ボソク、記憶喪失に…息子イ・ジャンウの住む家へ

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV「オ!サムグァンビラ」放送画面キャプチャー
記憶を失ったチョン・ボソクが、息子のイ・ジャンウが下宿する“サムグァンビラ”に入った。

24日に韓国で放送されたKBS 2TV週末ドラマ「オ!サムグァンビラ」第11話で、ウ・ジョンフ(チョン・ボソク)は記憶を失ってサムグァンビラに向かった。

ジョンフは記憶を失った状態で、かつて借金取りに追われた夢を見て怯えながら警察と人を避けた。イ・スンジョン(チョン・インファ)はそんなジョンフをまずサムグァンビラに連れて行き、キム・ファクセ(イン・ギョジン)と同じ部屋を使わせた。

ジョンフは秘密厳守をお願いし、スンジョンとファクセは他の人々にジョンフの存在を隠した。ファクセの隣の部屋に住んでいるウ・ジェヒ(イ・ジャンウ)は、記憶を失った父ジョンフが隣の部屋にいることを知らないまま、真夜中に聞こえる父のいびきを聞いて疑問に思った。

ジョンフはスンジョンが作ったキムチを食べて「食べたことのある味だな」と言ったが、初恋のスンジョンのことを覚えてはいなかった。あげくの果てにジョンフは、部屋を間違えて息子のジェヒの部屋に入り、ジェヒの写真を見ても「この部屋の人か? ハンサムだな」と言うだけだった。

スンジョンはジョンフが自身の初恋相手ではないかと疑っているが、ジョンフが記憶を失ったため事実確認ができない状況だった。次回の予告編ではジョンフ、ジェヒ親子が繰り広げるストーリーを予告し、関心を高めた。

記者 : ユ・キョンサン