放送終了「嘘の嘘」イ・ユリ&ヨン・ジョンフン&コ・ナヒ、1年後に再会…気になる結末は?

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=チャンネルA「嘘の嘘」放送画面キャプチャー
イ・ユリとヨン・ジョンフン、コ・ナヒが1年後に再会した。

24日に韓国で放送されたチャンネルA「嘘の嘘」最終話で、チ・ウンス(イ・ユリ)、カン・ジミン(ヨン・ジョンフン)、カン・ウジュ(コ・ナヒ)の姿が描かれた。

キム・ウン(クォン・ヒョクヒョン)がウンスに会いに行き、ウンスはウンの携帯の音を聞いて10年前の事件当日の夜に聞こえた音と同じだという事実に驚いた。ウンは「静かに生きろ、と生かせてあげたのに……こんなことだと分かったら、あのときチョン・ギボム(ソン・ジェヒ)も殺して君も殺すべきだった」と、ウンスの首を絞めた。

10年前、ウンはウンスを暴行するギボムをナイフで何回も刺した後、ウンスに濡れ衣を着せたのだ。ウンスは殴られた後に死の危機にさらされ、その時ジミンが現れて彼女を助けた。ウンスは「あの人がギボムさんを殺した真犯人だ」と話したあとに倒れた。

病院に運ばれたウンスはジミンに「あの人、捕まった? 想像もつかなかった。あの人だとは」と話した。するとジミンはウンスに「ユン・サンギュ(イ・ウォンジョン)が残した資料によると、お父様の事故現場はひき逃げじゃなかった。ウン、また彼の仕業だ」と述べ、ウンスは嗚咽した。

その後、ウンスは肺臓を取り除けば自分が死ねると思って、ジミンには内緒で臓器提供に誓約した。ジミンは遅れてこの事実を知り、ウンスを遠くから痛ましく見つめた。ジミンは娘のウジュの病室を訪れ、ウンスに会いたいというウジュに「お父さんが、話したいことがある」と、躊躇しながら切り出した。

これに対してウジュは「私が養子だということ? ママが死ぬときに知ったよ。私が話すとパパが悲しくなるから言わなかった」と話した。するとジミンは「こんなに小さいのに物心をつかせてごめんね」と涙を流した。

続いて「こんなにかわいいウジュを生んでくれたお母さんも、いつもウジュのそばにいた。先生だ。先生がウジュがショックを受けるかと思って、言わないようにと頼み込んだけど、もしかしたら後でウジュに言えなかったことを後悔するかもしれないから」と、ウンスがウジュの母親であることを告白した。ウジュはウンスに会った過去を思い出して病室で1人で涙を流した。

ウジュの手術日が訪れて、ウンスは悲しむジミンに「私がジミンさんのそばに……またウジュのそばにいただけで奇跡のよう。だから万が一のことがあっても私のせいで悲しまないで。私がどれだけあなたのおかげで幸せだったか。それだけは分かってほしい」と涙を流した。

これに対してジミンは「愛している」と答えた。手術室の前でウンスはウジュに「先生が手術中ずっとそばにいるよ」と安心させた。ウジュは「うん。ママ、ありがとう」と答えた。

その後、1年という時間が流れ、ジミン、ウジュ、ウンスは、チ・ドンリ(ナム・ミョンリョル)とサンギュの納骨堂を訪れた。しかし、ジミンとウジュは黒い服を着ており、ウンスは白いドレスを着ていた。これに先立って、ウジュとともに手術をしていたところ、ウンスの死を暗示するようなシーンが登場しており、白いドレスを着ていたウンスは死んだのではないかという雰囲気でエンディングを迎えた。

記者 : チョン・ミヨン