「スタートアップ」miss A出身スジ、初対面のナム・ジュヒョクに突然のハグ“彼氏のふりをお願い”

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「スタートアップ」放送画面キャプチャー
miss A出身のスジがナム・ジュヒョクとの初対面でハグをした。

24日に韓国で放送されたtvN土日ドラマ「スタートアップ」第3話で、ソ・ダルミ(スジ)はナム・ドサン(ナム・ジュヒョク)と初めて会った。

ダルミは姉のウォン・インジェ(カン・ハンナ)に言った嘘のせいで、手紙だけでやりとりしていたドサンを探した。ドサンはハン・ジピョン(キム・ソノ)が今まで自身のふりをしてダルミと手紙をやりとりした事実を知って、ドサンになってあげることにした。

こうしてダルミを探したドサン。2人が初めて対面した瞬間、ダルミは突然ドサンを抱きしめて「ごめん。今時間がないの。私の母と姉が来てる。実は私、嘘を言ったの。私があなたと私、付き合っている関係だと」と耳打ちで状況を説明した。

ドサンが「僕、嘘は苦手なんだけど」と言うと、ダルミは「今日だけお願い。私、ここで恥をかきたくないの」とお願いした。やがてダルミは母と姉にドサンを「私の彼氏よ」と紹介し、ドサンは「サムサンテクの代表、ナム・ドサンと言います」と自己紹介をした。

ダルミはドサンが代表だと知ってもう一度惚れ直し、ジピョンが登場してサポートしたおかげで、ドサンはダルミはもちろん、インジェまで騙すことに成功した。放送後半、ドサンはダルミに対する好感を示しながら本格的なラブストーリーを予告した。

記者 : ユ・キョンサン