カン・ハヌル&キム・ソヒョン&ジスら、新ドラマ「月が浮かぶ川」に出演決定!

MYDAILY |

写真=各所属事務所
新ドラマ「月が浮かぶ川」が華やかな出演者ラインナップを完成させた。

カン・ハヌル、キム・ソヒョン、ジス、イ・ジフン、チェ・ユファが2021年上半期の期待作「月が浮かぶ川」に出演する。同作は、太王を目指してオンダルの心を利用したピョンガンと、犠牲になったオンダルの切ないラブストーリーを描いた作品だ。三国史記に記録された高句麗の説話を元に、皆が知っているようで知らなかったピョンガンとオンダルのラブストーリーが、逸品時代劇を通じて再誕生する。

まずカン・ハヌルが、前半の展開の決定的な鍵を握っているオンダルの父親オンヒョプとして出演する。オンヒョプは順奴部の族長であり高句麗の国民の将軍として、国と部族に対する義務と責任を果たす人物だ。ドラマ「ミセン-未生-」「椿の花咲く頃」、映画「二十歳」「セシボン」「空と風と星の詩人 ~尹東柱の生涯~」を通じて韓国のトップスターとして地位を固めたカン・ハヌルが、忙しいスケジュールの中で出演を決めた作品であるため「月が浮かぶ川」への関心が高まっている。

キム・ソヒョンが高句麗の姫として生まれ、殺し屋として育てられたピョンガン(ヨム・ガジン)役を演じる。高句麗の位相を取り戻すために奮闘する女丈夫で、賢明さと冷徹さを同時にアピールする。ドラマ「仮面の王 イ・ソン」「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」「恋するアプリ Love Alarm」、映画 「徳恵翁主」「純情」などを通じて抜群の表現力を披露し、作品を引っ張っていく力を証明したキム・ソヒョンの新しい活躍に注目が集まっている。

ジスは高句麗の純愛のアイコンであるオンダルに変身する。生まれながら将軍になる能力を持っている人物だが、純朴で非暴力主義者であるオンダルは、ピョンガンの刀になって自分の信念とも対立する切ない恋を披露する。ドラマ「アングリーママ」「力の強い女ト・ボンスン」「私がいちばんキレイだった時」、映画「グローリーデー」などに出演して安定的な演技を証明したジスは、ピョンガンへの切ないロマンスで視聴者の胸をときめかせる予定だ。

イ・ジフンは高句麗最高のエリート将軍コ・ゴン役を演じる。コ・ゴンは権力と人間性、性格まで完璧な、すべてを手に入れた男性だ。そのような彼が初めてピョンガンを恋をし、激しい戦いに飛び込む。ドラマ「六龍が飛ぶ」「青い海の伝説」「99億の女」「一緒に夕飯食べませんか?」など、各作品ごとに成長する演技力で圧倒的な存在感をアピールしたイ・ジフンが、今作でどんな熱演を繰り広げるのか、期待が高まっている。

最後にチェ・ユファは劇中「高句麗をもてあそぶ」と決心した女性ヘ・モヨンを演じる。ヘ・モヨンは抜群のビジュアルと繊細な性格、特別な予知能力まで兼ね備えた人物で、誰にも言えない大きな秘密を抱えている人物だ。そんなヘ・モヨンが、コ・ゴンに恋をして「月が浮かぶ川」の展開に強烈なインパクトを与える予定だ。ドラマ「ライフ」「僕のヤバイ妻」、映画「密偵」「鳳梧洞戦闘(ポンオドンセントウ)」「タチャ ワンアイド・ジャック」などを通じて、ドラマと映画で深い印象を与えたチェ・ユファのイメージチェンジに注目が集まっている。

「月が浮かぶ川」の関係者は「台本の中の人物たちが実際に飛び出してきたかのような、100%のシンクロ率を誇るラインナップが完成した。安定的な演技力と出演者のケミストリー(相手との相性)を中心にキャスティングした。この俳優たちがピョンガンとオンダルのラブストーリーをどのように描き出すのか。そして、これを通じて我々の社会にどんなメッセージと感動を伝えるのかに、注目して欲しい」と伝えた。

一方「月が浮かぶ川」はドラマ「師任堂(サイムダン)、色の日記」「異夢」「風と雲と雨」などを演出したプロデューサーのユン・サンホと、ドラマ「犬とオオカミの時間」「99億の女」などを執筆した脚本家のハン・ジフンがタッグを組んだ作品だ。韓国で2021年の上半期に放送される予定だ。

記者 : イ・スンギル