CRUSH、少女時代 テヨンとのコラボ曲「離して」MV公開…抜群のハーモニーに注目

MYDAILY |

写真=「離して」MVキャプチャー
CRUSHが悲しい別れの歌を淡々と歌った。

CRUSHは20日の午後6時、ニューEPアルバム「with HER」をリリースし、タイトル曲「離して」をはじめ、5曲の収録曲を公開した。

これに先駆けてCRUSHは11月の入隊を控え、最後のアルバム活動を予告した。特に今回のアルバムには少女時代のテヨンを皮切りにイ・ハイ、イ・ソラ、ユン・ミレ(T)、BiBiなど多彩なカラーを持つ女性アーティストとコラボし、斬新な曲を期待させた。

ベールを脱いだタイトル曲「離して」は、別れを予感する男女の寂しさを盛り込んだR&Bソウルベースのナンバーで、CRUSHの感覚的なボイスとテヨンの繊細なボイスが魅力的に調和をなす曲だ。

特にCRUSHとテヨンはミュージックビデオにも一緒に出演し、恋人としてのケミ(相手との相性)を完成させ、2人の抜群の呼吸を披露した。

この他にも1990年代のR&Bをイ・ハイのユニークなボイスで歌った「Tip Toe」、大先輩イ・ソラとの出会いだけでも話題を集めた「踊り」、ソウルフルなユン・ミレのボイスが印象的な「Step By Step」、ライジングスターBiBiと一緒にしたヒップホップR&B「She Said」まで完成度の高い音楽で構成し、過去最高のケミをアピールした。

記者 : ミョン・ヒスク